ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲ことパトリック・ラフカディオ・ハーン (Patrick Lafcadio Hearn)が、自らの感覚で古き日本を歩きまわって独自の感性で見聞を広めたように、遠く故郷を離れてあてどなき夢想の旅を続けるぼくが、むじなと、そしてラフカディオと一緒に、見たり聞いたり匂ったり触ったりした、ぼくと、むじなと、ラフカディオの見聞録です。

follow us in feedly

小説-超短編

ここでは、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない。

「白田さん、もうこの会社に来てから一年半くらいですよね?」 「うん、残念ながら。」 「はははっ、残念ながら、ですか。ぼくね、白田さん見てて、すげえなあって思うことがあって。」 「へぇ、」 「はい、会社にまったく馴染んでないこと、だって自分の前…

涙の理由

「ねえ、さっきから変な黒い虫が顔の周りをずっと飛び回るよっ、なんなのこれっ!タオルで払ってもいなくならないよ、ねえ、うざいよこれ、どうにかしてよ、もうやだよっ!」 アキが頭の狂った交通整理の女性警官みたいに、ぼくの横でハンドタオルを激しく振…

神話

「人間はさあ、動物の血だけを糧にして、生きていけるのかなあ?」 「動物の血って・・・?」 「えっ、動物の血だよ、犬とか猫とかネズミとか、もちろん人間とかさ。」 -------------------- 頭上には青と水色のグラデーションしか見えない台風一過の晴れ渡…

ヴァン・ヘルシング

「いつもすみません、なにせもうこの歳で、パソコンに関してはあなただけが頼りで・・・、もう神頼みと言ってもいい。」 「神というよりは、あなたは魔法使いよ。神様はぜんぜん助けてはくれないけれど、白田さんはぜんぶ解決してくれるでしょ。ほんとうにあ…

『クロガミ』

「なにか怖い話を、聞かせてよ。」 「怖い話って、こんな炎天下の真っ昼間に?」 「うん。」 山奥のバス停で出会ったその女性は、自分の名前を「フォーティーン」だと名乗った。なぜフォーティーンなのかと言えば、自分が14歳だからだと彼女は言った。 「14…

ダークネス

「先が見えない道を歩くのって、あたし、けっこう好きなんだよ。」 狭い台所の小さな流し台で、ぼくの身体の右側面に磁石に吸い寄せられたブリキ人形みたいに引っ付いてカタカタと洗い物をしているミラが突然手を止めて、たぶんまだブリキにはなりきれないで…

第零話 - 現像 -

ぼくが毎朝、駅まで向かう途中で通り抜ける小さな自然公園の遊歩道で、毎日ではないのだが、必ず同じ時刻に公園内ですれ違う女性がいる。 髪は健康的な心地の良いショートヘアーで、上品だがなにか常識を外れたような黒縁のメガネをかけていて、会うたびに耳…

ハリネズミの微笑み

午前七時過ぎ、ぼくがベッドの中で微睡んでいると、ベッドの脇のサイドテーブルに置いてあるiPhoneにメッセージが送られてきた。 昨日は、ごめん。 ぼくはベッドの中でしばらく、ただ一言だけ送られてきたその言葉を何度と無く読み返してから、起き上がった…

ハトマダラ序説

東京新宿のとある場所に、「鳩斑(ハトマダラ)」と呼ばれる場所があることをご存知だろうか。 かつて東京都内にはこの鳩斑と呼ばれる場所が、非公式にではあるが確認されていただけでも七ヶ所(浅草、渋谷、池袋、中野、上野、秋葉原など)存在した。しかし…

黒色の噂

この町に何か邪悪なものが潜んでいるという噂は、私が小学生の頃から、いや、おそらくはもっとずっとずっと昔から囁かれている。 その噂は、インターネットの検索では一切探すことは出来ないし、もしあなたが町の誰かにあえて聞こうと思っても直接的かつ具体…

遅く起きた日曜日の朝の食事

日曜日の午前中、近所のコンビニエンスストアに買い物に出掛けようとして玄関を出ると、家の前の道路のアスファルトの上に白い猫が血まみれになって横たわっていた。 フサフサとした白い毛の半分ほどが赤黒い血でクッタリと濡れ、目は異常に見開かれ、口は何…