ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

随筆-日常

記憶の中の蝉

映画記事の冒頭部分で自分の昔の記憶を振り返ろうと思って、ぼくがはじめて東京でひとり暮らしをはじめた町をGoogleMapで眺め、ストリートビューで歩いてみた。 少しうらぶれたような路地裏にある日当たりの悪いワンルームのアパートで過ごした大学時代、毎…

海を見に行ったら、砂浜で“ソウルオリンピック”のボトルキャップを拾った話。

きょうはふと思い立って、弁当を持って海を見に行った。 海を見るのなんて何年ぶりだっただろう。 車に乗らないぼくは徒歩で海を見に行き、往復30キロほどを歩いて、心地よい疲労感と共に今帰宅した。運転免許は持っているけれど車にはまったく乗らない。数…

観ていて眠くなる映画こそ、素晴らしい映画である。

ある時期が訪れるまで絶対に観ることが出来なかった映画作品ってものが、今までの人生でいくつかあった。 そのひとつに、スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)の『2001年宇宙の旅』(2001:A Space Odyssey)がある。 image source : 2001: A Space…

ハロウィンにおける仮装(仮想)

この期に及んでハロウィンの仮装にお悩みの方は多いのかもしれない。 でも概念をぶち壊して考えれば、いま、家にある身近なものでいくらでも恐ろしい仮装が出来るのではないかと思う。 何も『ハロウィン』(Halloween)のマイケル・マイヤーズや『13日の金曜…

哺乳類を捕食する蜘蛛の映像、日常に潜む本当はコワい昆虫の恐怖。

蜘蛛が人を襲う映画ってけっこうな数があると思うけれど、ぼく自身が観たことがあるのは、有名どころではフランク・マーシャルの『アラクノフォビア』(Arachnophobia)とか、けっこう記憶に残っている。 ちなみにアラクノフォビアとは、「クモ恐怖症」のこ…

箸の持ち方と、スプーンと素手とインドカレー。

ずっと前から気付いていたことなのだが、ぼくは箸の持ち方が若干間違っている。 まあ厳密に言えば、箸の持ち方が法律で決まっていて、規定の持ち方から逸脱していると罰金とか懲役とかになるわけではないから、正しいとか間違っているとかではなく、多くの人…

英国のマクドナルドでピエロ騒動、ついにクリーピー・ドナルド出現。

10月8日、イギリス北西部ランカシャー州のブラックバーンにあるマクドナルドに、なんと不気味なピエロが現れるという事件があり、店内の客が一時騒然となったらしい。 image sorce : The Tab UK - Stories you care about ピエロは二人いて、店の外の通りを…

いまカボチャのトレンドは、フランケンシュタイン。

ハロウィンにはまったく興味ないと言いながらも、このウェブログでは、ついついハロウィンのネタを扱いがちである。 その理由はおそらく、ぼくがアメリカのホラー映画愛好家のため、それと切っても切り離せないアメリカ文化におけるこの時期のハロウィンに、…

ピエロが刃物を持ってはいけない理由

2016年10月4日火曜日の夜、英国、ニューカッスルのブレイクローで、ピエロの扮装をして通行人を驚かせていた13歳の少年がノーサンブリア警察によって拘留された。 関連記事:英国にも感染しはじめたピエロの恐怖、オーマイガットトゥギャザー! 少年は翌水曜…

英国にも感染しはじめたピエロの恐怖、オーマイガットトゥギャザー!

このウェブログで何度も何度もアホみたいに触れている、いま全米で巻き起こっている恐怖のピエロ騒動、詳細などは以下の記事などをお読みいただくとよいかと思うが。 ちなみに、10月3日、ピエロの目撃情報を集めた「Clown Sightings」なるTwitterアカウント…

マージェリーの横にいた、アリア・スタークのレイヤーを探せ! -『ゲーム・オブ・スローンズ』-

昨日片手間で書いていたマージェリー・タイレルのコスプレイヤーの記事であるが、ひとつの謎が残ってしまった。 マージェリーの詳細は「 ロシアのレイヤーが魅せる、本気のマージェリー・タイレル。 」にて。 あのXenia Shelkovskayaさんと一緒に、インスタ…

ロシアのレイヤーが魅せる、本気のマージェリー・タイレル。 -『ゲーム・オブ・スローンズ』-

ぼくは、コスプレ事情云々のことに関してはほとんど精通してはいないのだが、インターネットを使っていると嫌でもコスプレとかコスプレイヤーとかが、文字やら写真やらで時々目に入ってきてしまう。 ちなみにコスプレイヤーのことを「レイヤー」と呼ぶという…

下手なホラー映画よりも不気味な、本当は恐いハロウィンのコスプレ写真。

あっという間にもう十月、みなさん、十月らしい生き方をしているだろうか。 十月と言えばもう秋、当たり前であるが、十月の行事というと何を思い浮かべるだろう。ぼくなどは、「体育の日」とか思い浮かべる。けれど体育は子供の頃は一番キライな科目であり、…

ドイツ語でさようならって、どんなふうに言えばいいですか?

大学の時に、必修として外国語を選択しなければならず、いまさら得意だった英語を取っても仕方ないかと、今思えば意味不明にトチ狂ったぼくは、なぜかドイツ語を取ってしまった。 専攻以外の勉強にはほとんど興味がなかったぼくは、語学についてはまったく勉…

大好きだった鳥山明を、ちょっと嫌いになった理由。

ふと思い出したので、もう一年ほど前の話をしよう。 小さな旅行として広島に行った際に、たまたま開催されていた「藤子・F・不二雄展」を観覧した時の話である。 ぼくにとって藤子不二雄は、特にFは、もちろんAもだが、その作品に大いに影響を受けた人たちで…

山での迷惑ヤッホー防止条例、施行される。

随分前だけれど、広島の宮島に行った時の話。 ちなみに宮島が世界遺産だということは、現地に着いてから知ったのだが、今のところ、これで日本の世界遺産を二個制覇している。どうでもいいけれど。 その日は特に何の予定もなく宮島に上陸したのだけれど、せ…

ヴァンパイアは、ニンニク味のドリトスなんか食べない。 - 『ドリトス ガーリックペッパー味』 -

現在の日本において、ハロウィンを待ち望んでいる人が果たしてどの程度いるのかは、文部科学省の調べをまだ参照していないので知り得ないが、ぼく自身は正直言って、どうでもいい。 ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる行事のことで、一説によれば古代ケ…

この超エリートのオレに、ショウワノート社製の戦闘服を着ろだとぉ!!!

アニメや漫画に登場する衣装で、あれ着てみたいなあって思うものって結構ある気がするけれど、じゃあいったいどれが着たいのって言われたら、なんて答えますか? ぼくの予想だと、日本国民のおよそ79%くらいが、「サイヤ人の戦闘服だよ!」と、そう答えるに…

珈琲がいれられなくて、おちこんだりもしたけれど、僕はげんきです。

ぼくには出来ないことがたくさんある。 その出来ないことをリストにして書き出してみたら、さぞかし大量に出てくるだろうと思うけれど、たまにはそういうことを改めて把握しておくことも、もしかしたら大切なことかもしれない。 でもたぶん、出来ないという…

よく遊べ。

昔、レゴブロックが大好きだった。 と思っていたけれど、ずいぶん成長した後、あるデパートのおもちゃ売り場でレゴ社製のブロックを目撃したぼくは、自分がかつて遊んでいたのは、あれはレゴブロックではなく類似品だったような気がして、その瞬間、なにか深…

ピエロの恐怖は、ソーシャルメディアで感染する。

最近すっかりピエロに塗れているぼくのウェブログであるが、「もうピエロはいいよっ!」という声には耳をふさいで、再びピエロ関連の話に触れてみたい。 いまアメリカ中を騒がせている不気味なピエロの目撃は、サウスカロライナ州から始まった。 8月21日、サ…

地味なチャンプ目撃動画と、ネス湖の怪物の本当の正体の話。

ぼくが死ぬまでに一度は行ってみたい場所のひとつに、「ネス湖怪獣博物館」というのがある。 厳密には「ネス湖エキシビジョン・センター」というらしいが、たしかぼくが幼い頃はネス湖怪獣博物館って、日本では言っていたような気がするけれど・・・、何かの…

米国ピエロ事件続報、Instagramに投稿された恐怖。

アメリカ、サウスカロライナ州のグリーンヴィルから始まった謎のピエロ目撃事件は、まだまだ不気味な影を引き摺りながら、さらに周辺の地域へと広がりだしている。 ノースカロライナ州のコロンバスでは、「ホワイトヴィルのピエロ」(clowns of whiteville)…

韓国発、TONY MOLY(トニーモリー)のコスメがポケモンで、キュートな話。

韓国で注目のコスメブランドTONY MOLY(トニーモリー)から、ポケモン仕様のアイテムが登場しているらしい。 ぼくはもちろん男子なので、あまりコスメなどには縁遠いのだけれど、デザインだけ見てもとても可愛いいから、部屋なんかに飾ったらけっこう素敵な…

急性Googleアナリティクス・リアルタイム・サマリー中毒

このウェブログを始めるずっと前から、Googleアナリティクスは、なんやかんやと使ってはいたのだけれど、つい最近まではほぼ、ユーザー・サマリーで月間のアクセスを見るくらいだった。 このウェブログをはじめてからも同じようにして、時々月間のアクセス数…

ジョニー・デップが持っている、不気味なピエロの絵画の話。

今、アメリカで相次いでいる不気味なピエロの目撃、そしてそれに関連する話の続報が気になって仕方がないのは、ぼくだけではないだろう。 このウェブログでも何度か触れている、例の米国サウスカロライナ州における不気味なピエロの目撃に関連して、同州在住…

ぼくは占師には懐疑的、でも三度目の正直占いの話。

ぼくは今までの人生で三度だけ、自主的に、占師に自身の運命を占ってもらったことがある。 一回目は大学時代、大学の学園祭での手相サークルの出し物、手相を見てくれたのは女子大生で、けっこうキュートな人だったという、ぼんやりとした記憶がある。料金は…

空飛ぶ円盤の搭乗員と接触すること。

ぼくは昔、ずいぶん昔だけれど、宇宙人にさらわれたことがある。 ちょっと前にそのことを思い出して書いてみた文章があるので、詳細は以下をお読みいただきたい。 関連記事:真夜中の空洞 さて、UFOの目撃や遭遇といった話の中でも、特に話題になりがちなの…

PS4が29,980円だけど、結局32,378円じゃんの話。

ぼくの相棒はいまだにPS3で、最近はゲームをほとんどやらなくなったけれど、映画のDVDとBlu-rayをそのPS3で再生しているので、現役バリバリの七年目。 昨日ふとYouTubeの動画を観ていたら、「PS4®が新価格」という広告が勝手に流れ始めた。 どうやら『ペルソ…

アマゾンに生息する巨大ゴキブリと泳ぐ夏

日に日に夏の気配が遠のき、朝夕はすっかり涼しくなってしまったこの頃、みなさんは今年の夏を満喫できたであろうか。 まあぼくはと言えば、海でも泳がず山にも登らず、明日泳ごうとか、明後日登ろうとか思っている内に、気が付けばもう夏も終わろうとしてい…

東京を離れようと思っている人への、何の役にも立たない短いメモ書き。

ぼくが地方に移住して数年、出会って話をした若者の中に、「東京にゆきたい!」と言っていた人が思いの外たくさんいた。 ぼくが東京に長く住んでいたと言うと、「なんでこんな何もないところに来たんですか!?」と真剣に驚かれたこともあった。 東京にゆき…

久松よ、永遠なれ。

ぼくは自分のぬか床を持っている。 数年前に東京に住んでいる頃にもぬか床を持っていて、確か二年ものくらいだったと記憶しているが、それはちょっとした管理不足でダメにしてしまった。 東京を離れた今、再度ぬか床を育てようと思い立ち、今度は完全に無農…

土用の丑の日のウナギは、美味いのか不味いのか。

時々ふらりと立ち寄る小さな古本屋がある。 「冬ごもりをする場所」という意味の名前をひっそりと掲げる古本屋で、古今東西の食に関する古本を扱っている。 つい先日、そこの女主人と話をしていて、ウナギの話になった。生き物としてのウナギではなく食べる…

iPhone4Sじゃ、ポケモンGETできないぜ!ぇいぇいぇいぇいぇいぇいぇ〜。

いまこの刹那、世の中はどうやら、兎にも角にも「ポケモンGO」らしい。 ポケモンの存在は、ずいぶん前から、たぶん登場した直後から知ってはいたが、いままでまったくポケモンに関わらずに生きてきたぼくは、いまさらゴーなのかジー・オーなのかさえも、よく…

図書館に行ったら、「ブタメン」のカップが深海仕様に圧縮されていた。

久しぶりに図書館に本でも読みにゆこうと思って、雨上がりの涼しげな風に吹かれながらフラリと出かける。 きょうは一日中曇りという天気予報だったが朝から雨。もう止んだと思っての外出だったのだが、まだ幽かに雨が降っている。しかし風が強いため空気は思…

蜘蛛の巣が教えてくれた、いくつかのこと

部屋の片隅に、一週間ほど前から蜘蛛の巣がはられている。 位置はベランダの窓際と床とのすれすれ。女郎蜘蛛のような類ではなく、地を這う蜘蛛の類だが、蜘蛛の種類には詳しくないから、そこには触れない。 部屋の掃除をしていて見つけたのだが、まあそれほ…

蝿(ハエ)の能力値が高すぎて恐怖を感じる件について

部屋が蒸し風呂のように暑いので窓を開け放っていたら、一匹の大きな蝿が入ってきて部屋を飛び回りだした。 最初はそのスピードが早すぎて、網膜剥離でも起こして、いもしない羽虫が飛ぶのが見えているのかと思っていたけれど、やはり虫が飛んでいた、蝿だ。…

豆苗は何日目に蘇るのか? - 第六日目『夢幻』 -

「よみがえる」という言葉は、黄泉から再び戻ってくる、帰ってくるという意味を表す。 一説によれば、黄泉の語源は「闇」だという。 つまりよみがえるとは、闇の中から光を求て帰ってくると捉えることも出来る。 この数日間、豆苗の姿を観察していて思ったこ…

豆苗は何日目に蘇るのか? - 第五日目『光明』 -

蘇った豆苗を食べるべきか否か。 この時点でそんな思いが頭をよぎった。 このまま放っておいたほうが、あるいは豆苗にとっては幸せなのではないだろうか、豆苗はそう望んでいるのではないだろうか。昨夜遅く、豆苗の水を取り替えてから蒲団に潜り込んで、ひ…

豆苗は何日目に蘇るのか? - 第四日目『不安』 -

家の中に日々変化するものがあると、ついつい目を、そして心をも奪われてしまう。 例えばそれは思いがけずもらってきた花だったり、部屋の片隅の観葉植物だったり、若芽を刈り取られた豆苗だったりする。 根から切り離されてしまった花は、花瓶に入れておい…

豆苗は何日目に蘇るのか? - 第三日目『楽園』 -

豆苗というのは、ここで改めて言うとエンドウの若菜である。 このエンドウの歴史は古く、古代オリエント地方や地中海地方で麦作農耕の発祥とともに栽培化された豆だと言われる。またその原種は近東地方に現在でも野生しているそうである。 日本には中国を経…

豆苗は何日目に蘇るのか? - 第二日目『兆候』 -

昨日、豆苗は毒成分を秘めているので生食は控えるべきだという記述を、インターネット上で発見したのだが、昨夜もぼくは豆苗の生食を試みてみた。 なぜならとあるウェブサイトでは、豆苗は生食でもまったく問題がないと語られていたからである。 ちなみに昨…

豆苗は何日目に蘇るのか? - 第一日目『希望』 -

昨日、食材の買い出しのため近所のスーパーマーケットをうろうろしていると、野菜売り場の片隅に半額のシールが貼られた「豆苗」が一袋置かれていた。 他の豆苗はすべて新品らしく、その一袋だけが取り残され、半額のレッテルを貼られてしまっていた。 半額…

食の安全とは、実際のところ、いったいなんだろうか。

この数年間、真剣に食の安全ということを考えてきたつもりではある。 まあ、あくまでつもりのレベルかも知れないが。 なんやかんやと本を読み漁ったり、その筋に通じる人に教えを請うたり、あるいは実際に自分で考えるところのより良い食事に変えてみたり、…

空はなぜ青いのか?

朝ごはんを食べていたら、目の前に置かれた電源の入っていないノートPCのモニター部分に、背後の窓の外が映っていた。 その空の青さが異常なほどに美しかったので、箸を止めて後ろをふりかえって窓の外の空を見上げると、大して美しくもなく、普通に白けたい…

桜の花の下から人間を取り去ると怖ろしい景色になりますので - 『桜の森の満開の下』(坂口安吾) -

昨日の夜から雨が降り出し、今朝起きてみても雨がシトリシトリと落ちている。 これではもう桜も雨に打たれて落ちてしまっているだろうなあと思いながら、朝ごはんを食べて茶を飲み、薄暗い窓の外を眺めてみる。 今朝は、白米にワカメの味噌汁、大根と人参の…

桜の樹の下には屍体が埋まっている。

桜の花の咲く頃になると、桜の樹に花が満ちる頃になると、そして桜の花弁が雨風に打たれて宙に舞い、あるいは地面にばら撒かれる頃になると、決まって短い文章のことを思い出す。 梶井基次郎の「桜の樹の下には」。 桜の樹の下には屍体が埋まっている。これ…

絵を描くのは好きだけれど、きちんと絵が描けるほどの絵心が今の自分にはないかもしれないことについての短い考察。

ぼくは子どもの頃から絵を描くのが好きで、中学生くらいまでは漫画家になりたいと思っていた。 大学進学の際に、ほんとうは美術の方へ進みたかったんだけれど、直前になって試験にデッサンというものがあることを知り、美術の授業でヘンテコな自画像を描いた…

綺麗な梅は数多にあれど、見るなら路傍の密かな花が、兎にも角にも宜しかろう

数日前の買い物の帰り道、いつも通る道端の薄汚れた古い団地の片隅で、うっすらと色付いた梅の花がひっそり咲き始めていた。 桜もそうだが梅もそうで、ぼくはわざわざその為だけに時間をとって、例えば世間で名所だと言われているような場所まで花を愛でに出…

ぼくの東京物語

先日、初対面のある人と話をしていて、ぼくが東京にずっと住んでいたことを話すと、こんなことを言っていた。 「わたしもしばらく東京で暮らしていたことがあるんですよ、ずいぶん長く。そして、こっちに帰って来て思ったけれど、 東京に比べたら田舎ってや…