読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

映画みたいな口づけを、唇に映画の世界を表現したリップアートに魅了される。

映画

ぼくは男子なので、いやもう“子”はつかない年齢だが、あくまでも永遠の男子でありたいとは思っている、まあ話を戻して、男子なので日常的にメイクをしたりはしない。

 

ただ男性でも、真冬の乾燥した時期にはリップクリームをつける人は多いと思うが、ぼく自身はそういった唇のケアなども怠りがちなので、今のような冬の時期には唇がカピカピに乾燥してしまい、その状態で笑ったりした日には唇がザックリと裂けてホラー映画ばりの血を流すということは頻繁にある。

 

そんな風だから、もちろん口紅なんてものをつけた経験も、今までの人生の中で二度ほどくらいじゃないのかと記憶しているし、その二度というのも、あくまでメイクではなく仮装や遊びの類である。

 

一方で、例えば周囲の女性が素敵な色の口紅をつけていたりするとドキッとして魅了されることもあるが、残念ながら昨今ではあまりそういった華やかな状況に身をおいていないので・・・、云々。

 

そんなわけではあるが、今回は、ふと見かけた素敵なリップアートの話題を取り上げてみたい。

 

オーストラリアのニューサウスウェールズ州シドニーを拠点に活動するジャズミナ・ダニエル(Jazmina Daniel)さん、彼女のリップアートが多くの注目を集めているようである。

 

彼女は自らの唇を舞台にした魅惑のリップアートをインスタグラムなどのソーシャルメディア上で披露しているのだが、その中でもぼく個人としてはやはり、映画に関係した作品にとても惹き寄せられた。

 

まあ見ていただくのが早いと思うので、そのいくつかをご紹介したいと思う。

 

オードリー・ヘプバーンの代表作『ティファニーで朝食を』(Breakfast at Tiffany's)、こんな感じにとても繊細な映画アートを、自身の唇に描いているのである、ほんと美しい。

 

 

ティム・バートンの『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(The Nightmare Before Christmas)。

 

 

同じくティム・バートンの『シザーハンズ』(Edward Scissorhands)、ネイルにまでシザーを付けている!

 

 

ジェームズ・キャメロンの『タイタニック』(Titanic) 、こちらもリップだけにとどまらず、氷河のネイルアートがイカしている。

 

 

個人的にはこれがすごく好き、スティーヴン・スピルバーグの『ジョーズ』(Jaws)、血の滴りがすごい。ちなみに冬場のぼくの唇は、血の部分だけでいえばこの状態である。

 

 

他にもいっぱいあるんだよ。

 

 

まあこんな風にして、彼女は日々リップアートの作品を展開しているわけである。ぼくがこれを見ていて思ったのは、例えばもし、奥さんや恋人がこんな風に、ぼくの大好きな映画に彩られた唇にメイキャップして、さらにはその唇でキスをしてくれたら、なんだか幸せだろうなあということ。

 

もしこの文章を読んで「はっ!」と思った映画女子は、パートナーにぜひ試してみて頂きたい。

 

というわけで、彼女のリップアートに興味を持った方は、コチラで存分に作品を堪能してみてはいかがだろうか。あっ、そうそう彼女はYouTubeにメイクの方法を紹介する動画も公開しているので、以下にご紹介しておくから、やってみたい方はぜひご覧いただきたい。

 

 

 

 

映画病院に潜む邪悪な“ツメ”の怪物、シャウナ・マクドナルド主演のホスピタル・ホラー『NAILS』。

映画『ブレードランナー』へのラブレター、80年代SF映画への愛を込めた短編SF作品『SLICE OF LIFE』。

アニメーションスタジオジブリ作品の北米版Blu-rayは、本国だと1500円くらいだしジャケットもかっこいい。

映画S・キューブリック監督の『シャイニング』をクレイジーに“リミックス”した短編映画、『THE CHICKENING』の世界へようこそ。

映画“マッドマックス“的に荒廃した世界で戦う、チャック・ハンクとサンディエゴ兄弟の物語『CHUCK HANK AND THE SAN DIEGO TWINS』。

映画ジェイソンは今でもクリスタル・レイクのキャンプ場にいる!『13日の金曜日』愛好家が製作する『NEVER HIKE ALONE』というファン・フィルム。

映画ルパート・サンダースの『ゴースト・イン・ザ・シェル』、新たなプロモーション・ヴィジュアルが公開。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画その恐怖はカタチを変えて具現化する、心に闇を抱えた少女を描く短編作品『SORICE』。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

 

月白貉