読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

病院に潜む邪悪な“ツメ”の怪物、シャウナ・マクドナルド主演のホスピタル・ホラー『NAILS』。

映画

かつて学生時代にアルバイトをしていたバイト先の店長が、ちなみに女性なのだが、若い頃に大病を患って長らく病院に入院していたことがあったらしい。

 

仕事中の雑談の中で彼女が時々当時の病院での生活のことを話してくれたのだが、その中心となっているのが、「病院内は幽霊とか化け物だらけだった!」という恐ろしい話。

 

店長は小さい頃から強い霊感の持ち主で、見えない人にはまったく見えない怪しげな存在が、わりとはっきり見える質だったらしい。だからその病院での生活の中で、廊下だったりトイレだったりでずいぶん怖い目にあったから、もう病院なんて入院したくないと話していた。

 

ある時トイレで、突然何かに髪の毛を掴まれて引きずり回されている瞬間を、側にいた看護婦さんが見ていて衝撃を受けたそうである。もちろん、その看護婦さんには、髪の毛を引っ張っている“なにか”の存在は見えていないわけだからさ、と店長は言って笑っていた。看護婦さんの目には、髪の毛が不自然に逆立った店長が、仰向けでトイレの床をズリズリ這い回っているように見えたのだという・・・。

 

さて、今回取り上げるのは、病院に入院した女性が体験する恐怖を描いたホラー映画の話題。

 

デニス・バートク(Dennis Bartok)監督によるアイルランド映画『Nails』(ネイルズ)、爪だね、たぶん“ツメ”っていうタイトリングだね。

 

Nails

image source : Nails (2016)

 

そして本作品で主人公のダナ・ミルグロムを演じているのは、あの恐怖の穴居人ホラー映画『ディセント』(The Descent)に出演していたシャウナ・マクドナルド(Shauna Macdonald)。

 

ストーリーラインはと言えば、陸上競技のコーチを生業としている主人公のダナが、ある日の交通事故で大怪我を負ってしまう。病院に運ばれ一命は取り留めた彼女だったのだが、全身麻痺という状態に陥ってしまい、人工音声プログラムを介してでないとまともに会話も出来なくなってしまっている。そんな入院中の彼女がある日、病院内に、そして自分の病室の中に、何か邪悪な存在がいることを感じだす。そしてその“なにか”が、彼女の命を狙っているのではないかと、そう確信するようになってゆく・・・、という物語。

 

ぼくもかつて、ずいぶん幼い頃だが、検査入院というカタチで一週間ほど病院に入院したことがある。その時に、なにか怖いものを見たとか、怖い目にあったとかいう記憶はないのだが、前述のバイト先の店長の話のように、特殊な能力を持った人の話を聞く限りだと、皆口を揃えて、「病院は化け物の巣窟だよ!」という話をする。

 

もしかしたら、実際に本作品のような体験をしている人も、世の中にはいるのかもしれない、というわけで、予告編が公開されているので、お暇なホラー映画愛好家は、ぜひご覧いただきたい。ちなみに本作品は2017年2月20日に、アウディ・ダブリン国際映画祭(ADIFF)にて公開を迎えるということである。

 

 

 

 

映画『ブレードランナー』へのラブレター、80年代SF映画への愛を込めた短編SF作品『SLICE OF LIFE』。

アニメーションスタジオジブリ作品の北米版Blu-rayは、本国だと1500円くらいだしジャケットもかっこいい。

映画S・キューブリック監督の『シャイニング』をクレイジーに“リミックス”した短編映画、『THE CHICKENING』の世界へようこそ。

映画“マッドマックス“的に荒廃した世界で戦う、チャック・ハンクとサンディエゴ兄弟の物語『CHUCK HANK AND THE SAN DIEGO TWINS』。

映画ジェイソンは今でもクリスタル・レイクのキャンプ場にいる!『13日の金曜日』愛好家が製作する『NEVER HIKE ALONE』というファン・フィルム。

映画ルパート・サンダースの『ゴースト・イン・ザ・シェル』、新たなプロモーション・ヴィジュアルが公開。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画その恐怖はカタチを変えて具現化する、心に闇を抱えた少女を描く短編作品『SORICE』。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画貞子ならぬサマラがTVから出てきちゃう、『RINGS』の悪戯プロモーション。

 

 

月白貉

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly