読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

“マッドマックス“的に荒廃した世界で戦う、チャック・ハンクとサンディエゴ兄弟の物語『CHUCK HANK AND THE SAN DIEGO TWINS』。

映画

アメリカの映画監督エバン・グローデル(Evan Glodell)が、わずか17,000ドルという低予算で製作した異色の“マッド・マックス”青春映画『ベルフラワー』(Bellflower)。

 

この作品で音楽、編集、そしてプロデューサー担当として制作に携わっていたジョナサン・キービル(Jonathan Keevil)による新作映画『Chuck Hank and the San Diego Twins』が一部で大きな話題となっているようである。

 

Chuck Hank and the San Diego Twins

image source : Coatwolf Productions - Chuck Hank and the San Diego Twins

 

タイトルからしてなかなかイカしている、『チャック・ハンクと双子のサンディエゴ』とでも訳したらいいのかな、『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』的な趣もある。

 

本作品のストリーラインを簡単に言うと、街に蔓延る凶悪なギャング組織と、彼らに両親を殺されたサンディエゴ家の双子の兄弟トニー&ジョニーとの戦いを描いた物語のようである。ちなみにチャック・ハンクはサンディエゴ兄弟の親友で、サンディエゴ家にはサルサという妹がいるらしい。

 

さてこの予告編が公開されているのだが、観た瞬間に完全に心を奪われた。

 

ベルフラワー』同様、“マッド・マックス”および“マッドマックス2”色満載の世界観、80年代のSF映画作品における荒廃した都市部というイメージを背景に描かれているようである。そしてどうやらクラシックなビデオゲームの要素も散りばめられている気がする。

 

というわけで、気になった方はぜひご覧いただきたい、チャック・ハンクの登場シーンが凄まじい。

 

ちなみに予告編には2017年の夏に公開予定だと出てくるが、その日程などは不明のようである・・・。

 

 

 

 

 

映画ジェイソンは今でもクリスタル・レイクのキャンプ場にいる!『13日の金曜日』愛好家が製作する『NEVER HIKE ALONE』というファン・フィルム。

映画ルパート・サンダースの『ゴースト・イン・ザ・シェル』、新たなプロモーション・ヴィジュアルが公開。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画その恐怖はカタチを変えて具現化する、心に闇を抱えた少女を描く短編作品『SORICE』。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画貞子ならぬサマラがTVから出てきちゃう、『RINGS』の悪戯プロモーション。

映画遂に正式タイトル決定、『スター・ウォーズ: ザ・ラスト・ジェダイ』(Star Wars: The Last Jedi)は2017年12月15日公開予定!

映画: ぼく“トランプ”がいいよ、と息子にせがまれた母の奮闘を描く『LA MADRE BUENA』。

映画謎のホラー映画『GRIM NIGHT』は、本当にお蔵入りになったのか?

映画少女が落ちてゆく不気味なおとぎ話の世界『AMERICAN FABLE』、果たしてそれは現実なのか。

 

 

月白貉

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly