ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

その恐怖はカタチを変えて具現化する、心に闇を抱えた少女を描く短編作品『SORICE』。

今日鑑賞した短編作品に、こんな言葉が出てきた。

 

「Fear is the reality you create」

 

“恐怖”とは自分自身が創り出す現実である、つまり現実の恐怖というものは、自らの恐怖心が現実世界にまさに恐怖という“モノ”として出現した姿だということ、もしくは恐怖という心の闇は具現化するということかもしれない。

 

そう言われてみると、個人的には思い当たるフシもある。

 

片や、かつてウィリアム・シェイクスピアは、『マクベス』の中でこう書いている。

 

「Present fears. Are less than horrible imaginings.」

 

目前の恐怖も、恐ろしい想像に比べれば大したことはないという意味である、つまり現実的に身に降りかかる恐怖よりも、自らが頭のなかで想像する恐怖の方がよっぽど怖ろしいということ。

 

確かにそれもある意味ではもっともなことで、実際にぼく自身もそういった恐怖は日常的によく感じる。そして同様の表現や描写は映画や文学の中でも多く見ることが出来る。例えば村上春樹の作品中ではよく、本当の痛みよりも想像する痛みのほうがよっぽど耐え難いというような表現をよく目にする気がする。もちろん、シェイクスピアが言っていることとほぼ同じ内容だと思う。

 

けれど前述の言葉からすれば、実際の、現実的な恐怖は時として自らの想像力が生み出したもの、現実世界に出現したものだと。つまりその場合の目前の恐怖は、想像の恐怖と同等かそれ以上の恐ろしさを持っている可能性があるということになりはしないのだろうか。

 

というわけで、鑑賞後にそんなことを思った短編作品を取り上げたい。

 

オランダの映画監督アンジェロ・ホワイト(Angelo White)が手掛けた『SORICE』という作品である。

 

SORICE

image source : SORICE (2017) on Vimeo

 

タイトルになっている「SORICE」という言葉の意味はいまいちよくわからないのだが、造語なのか、何かの神の名前なのか、トガリネズミに関係したものなのか、あるいはぼくが劇中でうっかりヒントを見逃しているのか・・・。

 

物語は簡潔に言うと、心に闇を抱えた少女の過去と現在。

 

というわけで、とても短い作品だけれど、個人的にはなかなか興味深く鑑賞できたので、もし興味のある方はぜひご覧いただきたい。ザック・スナイダーの『エンジェル・ウォーズ』(Sucker Punch)の影響が多分に見受けられるような気がしなくもないけれどね・・・。

 

 

 

 

映画貞子ならぬサマラがTVから出てきちゃう、『RINGS』の悪戯プロモーション。

映画遂に正式タイトル決定、『スター・ウォーズ: ザ・ラスト・ジェダイ』(Star Wars: The Last Jedi)は2017年12月15日公開予定!

映画: ぼく“トランプ”がいいよ、と息子にせがまれた母の奮闘を描く『LA MADRE BUENA』。

映画謎のホラー映画『GRIM NIGHT』は、本当にお蔵入りになったのか?

映画少女が落ちてゆく不気味なおとぎ話の世界『AMERICAN FABLE』、果たしてそれは現実なのか。

映画『ツイン・ピークス』でもお馴染みの俳優ミゲル・フェラー、新シーズン放送前に61歳で死去。

映画ジョン・カーペンターでしょ!?と叫びたくなる、『JOHN THE CARPENTER』という短編ホラー映画。

映画遂に本格的な予告編公開!チャウ・シンチー&ツイ・ハークの『西遊 伏妖篇』(Journey to the West 2: Demon Chapter)

 

 

月白貉