読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

誘拐したのは悪魔!?アラステア・オアによる超常誘拐ホラー『FROM A HOUSE ON WILLOW STREET』。

昨年2016年8月に、英国のロンドンで行われた“London FrightFest Film Festival”で公開され注目を集めたと言われるホラー映画を取り上げてみたい。

 

アラステア・オア(Alastair Orr)監督による『From a House on Willow Street』、タイトルはちょっと『エルム街の悪夢』(A Nightmare on Elm Street)みたいだけれど・・・。

 

From a House on Willow Street

image source : From a House on Willow Street (2016)

 

ポスター・ヴィジュアルは、ちょっとレトロなホラー映画っぽくて、なかなか好感が持てる。ちなみにこのアラステア・オアは、チュパカブラ映画の『ディープ・インフェルノ』(Indigenous)やゾンビ映画の『ex エックス』(Expiration)などを手掛けている監督で、『ディープ・インフェルノ』はアメリカ映画だけれど、今回取り上げている『From a House on Willow Street』や『ex エックス』は南アフリカの映画。

 

ディープ・インフェルノ [DVD]

ディープ・インフェルノ [DVD]

 
ex エックス [DVD]

ex エックス [DVD]

 

 

さて本作品のストーリーラインがちょっとおもしろくて、とある若者たちが金持ちの家の娘を誘拐するんだけれど、実はその家には秘密があって、誘拐した娘もただの女子じゃないんじゃないの・・・、という物語のようである。

 

予告編を観る限りだと、ぼくの愛好する悪魔映画ジャンルらしいので、ついつい気になってしまう。

 

というわけで、つい先頃公開された予告編があるので、興味のある方はご覧いただきたい。

 

ちなみに本作品の予告編を観る前に、たまたま見つけたアラステア・オラ監督の短編作品を鑑賞したのだが、それがなかなかおもしろかったので、この後別途記事で取り上げてみたいと思っている。その短編のクオリティーを観る感じだと、本作品もけっこうおもしろいんじゃないのかなあ。

 

 

 

 

映画映画みたいな口づけを、唇に映画の世界を表現したリップアートに魅了される。

映画病院に潜む邪悪な“ツメ”の怪物、シャウナ・マクドナルド主演のホスピタル・ホラー『NAILS』。

映画『ブレードランナー』へのラブレター、80年代SF映画への愛を込めた短編SF作品『SLICE OF LIFE』。

アニメーションスタジオジブリ作品の北米版Blu-rayは、本国だと1500円くらいだしジャケットもかっこいい。

映画S・キューブリック監督の『シャイニング』をクレイジーに“リミックス”した短編映画、『THE CHICKENING』の世界へようこそ。

映画“マッドマックス“的に荒廃した世界で戦う、チャック・ハンクとサンディエゴ兄弟の物語『CHUCK HANK AND THE SAN DIEGO TWINS』。

映画ジェイソンは今でもクリスタル・レイクのキャンプ場にいる!『13日の金曜日』愛好家が製作する『NEVER HIKE ALONE』というファン・フィルム。

映画ルパート・サンダースの『ゴースト・イン・ザ・シェル』、新たなプロモーション・ヴィジュアルが公開。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

 

月白貉