ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

聴覚障害者たちを主人公としたゾンビ映画、ロブ・サベッジ監督『ドーン・オブ・ザ・デフ(原題:DAWN OF THE DEAF)』

ウェブログを構成する成分のひとつは映画なのだが、その中でもホラーというジャンルに侵食されつつある。

 

それはあえて意識してホラー映画ウェブログにしようとしているわけではない。基本的には全ジャンルの映画に目を向けているし、映画に特化したウェブログですらないと個人的には思っている。ただおそらくは、自身の内なる趣味嗜好が、マチェーテで斬りつけられた傷口から流れ出る血液がシャツを染めゆくかの如くして、当ウェブログをホラー映画色に赤黒く染め上げつつあるのかもしれない。

 

というわけで、今回ご紹介するのもホラー映画である。細分化ジャンルを先に言いたいところだが、タイトルを見ていただければ、自ずと想像がつくのではないかと思う。

 

ロブ・サベッジ監督による『ドーン・オブ・ザ・デフ(原題:Dawn of the Deaf)』という作品である。

 

 

この「Deaf」というのは聴覚に障害を持つ人を表す言葉であり、タイトル全体はもちろんお察しのように、ジョージ・A・ロメロ(George Andrew Romero)監督の代表作『ゾンビ』の原題『ドーン・オブ・ザ・デッドDawn of the Dead)』に擬えたものである。後にザック・スナイダー(Zack Snyder)監督が同作品のリメイクを手掛けているが、こちらの邦題は原題のカタカナ表記で『ドーン・オブ・ザ・デッド』(Dawn of the Dead)と、そのままになっている。

 

Dawn of the Dead [Blu-ray]

Dawn of the Dead [Blu-ray]

 

 

つまり今回ご紹介する『ドーン・オブ・ザ・デフ』は、もちろんゾンビ映画だということである。

 

そしてタイトルにも掲げられている通り、物語の主人公たちは聴覚障害者として描かれている。

 

出演者の情報に少しだけ触れておこう。

 

主人公となる3人の聴覚障害者の女性は、サム役のキャロライン・ワード(Caroline Ward)、ナット役のヘイリー・ビショップ(Haley Bishop)、そしてイモージェン役のリディーナ・ドラドーバ(Radina Drandova)となっている。

 

写真は左から三番目がキャロライン、その隣がサベッジ監督、その隣がヘイリー、そして右から二番目がリディーナである。

 

 

約12分ほどの短編作品なので、内容に関してはもちろん一切触れない。興味のある方は是非にもご覧いただきたい。

 

個人的にはかなりオススメしたい作品である。

 

 

 

 

Dawn of the Dead [Blu-ray]

Dawn of the Dead [Blu-ray]

 

 

ホラー映画邪悪な子供を宿した女性の恐怖を描く悪魔ホラー、ビレイ・ダルキラン監督『ザ・クロスブリード(原題:THE CROSSBREED)』

 

ドキュメンタリー映画2016年のクラウン騒動を追ったドキュメンタリー『ビハインド・ザ・サイティング』の予告編が公開!

 

ホラー映画刺されるとゾンビ化する巨大殺人蜂襲来、ミルコ・デイビス監督『ツナンビー(原題:TSUNAMBEE)』

 

ホラー映画部屋の隅にいる恐ろしいモノ、マシュー・ステッドマン監督の短編ホラー『ザ・シング・イン・ザ・コーナー(原題:THE THING IN THE CORNER)』

 

ホラー映画ゴーストタウンに巣食う女性殺人鬼、トリー・ジョーンズ監督のスラッシャー映画『エンジェル(原題:ANGEL)』 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

海外テレビシリーズ『ツイン・ピークス THE RETURN』日本放送に先駆けて、カイル・マクラクランが来日するらしいよ!

 

ホラー映画アンディ・ムスキエティ監督『イット』のファンアートを制作してみたよ!

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro