ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

2017年4月26日は“エイリアンの日”、『エイリアン: コヴェナント』のプロモーションもさらに加熱中。

2017年5月19日の米国公開に向けて、プロモーションのさらなる加熱が伺えるリドリー・スコット(Sir Ridley Scott)監督の『エイリアン: コヴェナント』(Alien: Covenant)。

 

Alien: Covenant

image source : Alien: Covenant - © 2017 - 20th Century Fox

 

ここ数日の間にも、新たなTVスポットや予告編が公開されたり、新ヴィジュアルのポスターが公開されたりと、ちょっとお腹いっぱいなくらいにてんこ盛りな動きを見せているが、いかんせん個人的には、本編を観るまで予告編の類は観ないと決めているので、もちろん断腸の思いで鑑賞を控えている。まあただ一応触れるだけは触れておこう。

 

新たに公開されたのは25秒のTVスポット3種類と40秒のTV予告編のようであり、それぞれにタイトルが付けられていて、TVスポットにはそれぞれ『Run』、『Hide』、『Pray』、そしてTV予告編には『Take Me Home』となっている。

 

先に述べたようにぼくは観ていないけれど・・・、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

さて本作品の米国公開日にあたる2017年5月19日はまさに“エイリアンの日”であるが、20世紀フォックス(20th Century Fox)ではこの日とは別の2017年4月26日を“エイリアンの日”(Alien Day)と設定し、ロサンゼルスにあるフォックス・スタジオで行われる特別なイベントをストリーム放送するようである。

  

なぜ4月26日がエイリアンの日なのかと言えば、おそらくリドリー・スコットによる記念すべき第一作目の『エイリアン』(Alien)に登場した例の惑星が“LV-426”だったからではないだろうかと思う。ちなみに続編となるジェームズ・キャメロン(James Francis Cameron)監督による『エイリアン2』(Aliens)の舞台も同じくLV-426だね。

 

さて、このイベントの内容だが、『エイリアン: コヴェナント』の出演者による質疑応答コーナーや、同作品の特別映像の上映、また“エイリアン”ファンアート・コンテストの受賞者発表などが執り行われるようである。

 

詳しくは「Alien Universe | Official Alien Movies Fan Hub – Join the Crew!

」に掲載されているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

 

まあそんなわけで、『エイリアン: コヴェナント』の米国での公開まではあと1ヶ月ちょっとだけれど、日本では9月だということなのでまだずいぶん先だね・・・。昨今の『スター・ウォーズフランチャイズみたいに全世界同時公開にしたらいいのになあと思っている、今日この頃である。

 

では最後に、エイリアンの日を告知する動画をご覧いただきながらお開きとさせていただこう。

 

 

 

 

エイリアン [Blu-ray]
 
PROMETHEUS

PROMETHEUS

 

 

映画“アナベル”でも“チャッキー”でもなく今度は“ハイジ”だ、恐怖のモキュメンタリー人形ホラー『HEIDI』。

映画ギレルモ・デル・トロ絶賛、短編ホラー映画『MAMA』を生み出したアンディ・ムスキエティ監督を知ってるかい?

映画2017年版『イット』予告編の再生回数が2千万回超え!旧作と新作を比較したファンメイドの動画も登場したよ。

映画『アナベル 死霊館の人形』の続編、D.F.サンドバーグ監督の『ANNABELLE: CREATION』予告編が公開。 

映画スペイン版“コックリさん”映画『VERÓNICA』、本当は恐いから“ウィジャボード”はやっちゃダメ!

映画: 呪いの人形“アナベルちゃん”再び、D.F.サンドバーグ監督の『ANNABELLE: CREATION』予告編が明日公開だってよ!

映画現代アメリカにおける神々の戦いを描いた期待のドラマシリーズ、N・ゲイマン原作の『アメリカン・ゴッズ』。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro