ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

第三種接近遭遇かな?フレデリック・コリンの謎の短編作品『// EP 1 : SIGNAL //』。

ぼくはかつて宇宙人にさらわれて、足の骨に穴を開けられた経験がある、たぶん。

 

その顛末については確か以下の記事に詳しいので、興味を持った方は是非お読みいただきたい。

 

宇宙人事件空飛ぶ円盤の搭乗員と接触すること。

 

さて今回ご紹介するのは、フランスのパリを拠点に活動するデジタル・アーティストであり映画制作者のフレデリック・コリン(Frédéric Colin)の短編作品である。

 

彼についての詳細に関しては情報が少ないためあまりよくわからないのだが、そんな彼が最近公開した短編作品がなかなかおもしろいし、興味深いので取り上げてみたい。

 

ちなみになぜ冒頭に“宇宙人にさらわれた”などと、トチ狂ったことを言い出したのかと言えば、本作品が宇宙人絡みのものだと思うからである。確かではないが、観ていただいて判断してもらいたい。

 

タイトルは『// EP 1 : SIGNAL //』、エピソード1というくらいなので、連作になるのだと思う。

 

EP 1 : SIGNAL

image source : // EP 1 : SIGNAL //

 

そして“シグナル”というタイトルも、何やら宇宙人めいているでしょ。

 

ちなみに日本における未確認飛行物体、いわゆる“UFO”のパイオニアと言えば、ご存知矢追純一であるが、彼は今一体何をしているのかとふと思って調べたら、たぶん本人のものだと思うTwitterがあったので覗いてみた。でも最新のつぶやきは2012年のものだった。けれど、ブログは最近でも書いているらしい。

 

というわけで、余計な話をはさみつつ本作品の話に戻って、興味のある方はぜひご覧いただきたい、なかなか見ごたえのある作品である。

 

 

 

 

矢追純一UFO現地取材シリーズ DVD-BOX (2枚組)

矢追純一UFO現地取材シリーズ DVD-BOX (2枚組)

 
矢追純一のUFO大全

矢追純一のUFO大全

 

 

映画2017年放送の新『ツイン・ピークス』出演者が、エンターテインメント・ウィークリーの表紙に登場!

映画『エイリアン: コヴェナント』の失楽園的なポスター・ヴィジュアルが公開、これはH.R.ギーガーへのオマージュなのか。

映画第2回トロント“春”のホラー&ファンタジー国際映画祭が、2017年4月7日から開催されるよ。

映画“自転車専用車線”を走るジェダイの勇姿、ブルックリン橋で『スター・ウォーズ』のテーマを歌いながら正義を貫く男の物語。

映画衝撃の“ウサギ”と“シマウマ”、セドリック・ニコラス=トロイアンの短編作品『CARROT VS NINJA』と『CAN’T YOU SEE ME?』。

映画ロボットへの思いを描いた追憶SFファンタジー、イアン・バックノール監督の『SEVERED DREAMS』。

映画2017年の夏は『遊星からの物体X』Tシャツで決まりでしょ、たぶん。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro