読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

2017年放送の新『ツイン・ピークス』出演者が、エンターテインメント・ウィークリーの表紙に登場!

Twin Peaks

米国タイム社(Time Inc.)が発行する、映画、テレビ、音楽、ブロードウェイ、書籍、そして米国ポップカルチャーを対象とした雑誌“エンターテインメント・ウィークリー”(Entertainment Weekly、EW)の表紙を、遂に新シーズンの『ツイン・ピークス』(Twin Peaks)キャストが飾っている!

 

デヴィッド・リンチ(David Keith Lynch)監督による『ツイン・ピークス』の新シーズンは、米国“SHOWTIME”にて2017年5月21日から放送が開始される予定であるが、なかなかアグレッシブなプロモーションが展開されていない中、ついに動き出したかという感がある。

 

ちなみに2017年に期待を寄せているイベントとしては、個人的にはこの『ツイン・ピークス』の新シーズンと、2017年5月19日に米国での公開が予定されているリドリー・スコット(Sir Ridley Scott)監督の『エイリアン: コヴェナント』(Alien: Covenant)なのだが、放送開始と公開がほぼ同時期になっている、アメリカは“まつり”だろうなあ、嗚呼、アメリカに住んでいればよかったと、この時ほど思うことはない・・・。

 

さて最新号のエンターテインメント・ウィークリーは、コレクターズ・カバーとして3種類の表紙デザインで発売されるようである。

 

表紙を飾っているのは、新シーズンの『ツイン・ピークス』に出演している旧シーズンから再登場のメンバー総勢10人と、フクロウ1羽である、例の丸太もいるようだが。

 

Twin Peaks

image source : Twin Peaks: Exclusive details on the secretive revival

 

ここであえて写真のメンバーの名を挙げる必要もないとは思うが、まだ旧シーズンを未鑑賞の方もいると思うので、念のためご紹介しておく。

 

まず左の表紙デザインはハーリー家だね、左から、眼帯がチャームポイントなネイディーン・ハーリー(Nadine Hurley)役のウェンディ・ロビー(Wendy Robie)、ネイディーンの夫エド・ハーリー(Ed Hurley)役のエヴェレット・マッギル(Everett McGill)、そして彼らの甥にあたるバイカーのジェームズ・ハーリー(James Hurley)役のジェームズ・マーシャル(James Marshall)、ジェームズがほぼスキンヘッドかあ・・・。

 

Twin Peaks

image source : Twin Peaks: Exclusive details on the secretive revival

 

さて右の表紙デザイン、左から、ダブルRダイナーで働くシェリー・ジョンソン(Shelly Johnson)役のメッチェン・アミック(Mädchen Amick)、旧シーズンではシェリーと不倫していたボビー・ブリッグス(Bobby Briggs)役のダナ・アシュブルック(Dana Ashbrook)、そしてダブルRダイナーのオーナーであるノーマ・ジェニングス(Norma Jennings)役のペギー・リプトン(Peggy Lipton)、シェリーはいったい何年ダブルRダイナーで働いているんだ、そして胸出し過ぎ・・・。

 

Twin Peaks

image source : Twin Peaks: Exclusive details on the secretive revival

 

そして中央の表紙デザイン、左から、旧シーズンでのある意味主人公ローラ・パーマー(Laura Palmer)役兼、従姉妹のマデリーン・ファーガソン(Maddy Ferguson)役のシェリル・リー(Sheryl Lee)、出ました御大、FBI地方捜査の主任ゴードン・コール(Gordon Cole)役のデヴィッド・リンチDavid Lynch)、そしてこの人がいないとはじまらない、FBI特別捜査官デイル・クーパー(Dale Coope)役のカイル・マクラクラン(Kyle MacLachlan)、最後はかつてローラの同級生だったオードリー・ホーン(Audrey Horne)役のシェリリン・フェン(Sherilyn Fenn)、時代の流れを感じるなあ・・・。

 

Twin Peaks

image source : Twin Peaks: Exclusive details on the secretive revival

 

ちなみに撮影時のインタビューに対してデヴィッド・リンチは、物語に関しては一切口を開かなかったようであるが、クーパー役のカイル・マクラクランは以下のようなことを話しているという。

 

I think it took me six hours and a few cups of coffee to read. But it was wonderful

脚本を読み終えるのに6時間はかかったと思うし、それに相当するコーヒーが必要だったよ、 でも素晴らしかった!

 

彼によれば脚本は400ページ以上あるものだったそうだよ。

 

いやいや盛り上がってまいりました。もう放送期間だけアメリカに滞在することも考えなければいけいないレベルである。

 

というわけで最後に、エンターテイメント・ウィークリーによって公開されている表紙撮影時の様子と出演者によるインタヴューの動画があるので、興味があればご覧いただきたい。

 

 

 

 

ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)

ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)

 
ツイン・ピークス―ローラの日記 (扶桑社ミステリー)

ツイン・ピークス―ローラの日記 (扶桑社ミステリー)

 

 

映画『エイリアン: コヴェナント』の失楽園的なポスター・ヴィジュアルが公開、これはH.R.ギーガーへのオマージュなのか。

映画第2回トロント“春”のホラー&ファンタジー国際映画祭が、2017年4月7日から開催されるよ。

映画“自転車専用車線”を走るジェダイの勇姿、ブルックリン橋で『スター・ウォーズ』のテーマを歌いながら正義を貫く男の物語。

映画衝撃の“ウサギ”と“シマウマ”、セドリック・ニコラス=トロイアンの短編作品『CARROT VS NINJA』と『CAN’T YOU SEE ME?』。

映画ロボットへの思いを描いた追憶SFファンタジー、イアン・バックノール監督の『SEVERED DREAMS』。

映画2017年の夏は『遊星からの物体X』Tシャツで決まりでしょ、たぶん。

映画新生ペニーワイズの“ハイヤ、ジョージー!”ヴィジュアルが公開、アンディ・ムスキエティ版『イット』のティザー映像公開はいつなのか?

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro