ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

衝撃の“ウサギ”と“シマウマ”、セドリック・ニコラス=トロイアンの短編作品『CARROT VS NINJA』と『CAN’T YOU SEE ME?』。

フランス出身の映画監督であり視覚効果アーティストのセドリック・ニコラス=トロイアン(Cedric Nicolas-Troyan)の制作した短編作品をとりあげてみたい。

 

ちなみに彼は、現在『ゴースト・イン・ザ・シェル』(Ghost in the Shell)が話題となっているルパート・サンダース(Rupert Sanders)が監督した2012年公開のアメリカ映画『スノーホワイト』で視覚効果を担当しており、同年の第85回アカデミー賞において視覚効果賞にノミネートされている。

 

また2016年公開の『スノーホワイト/氷の王国』(The Huntsman: Winter's War)で、自身初となる長編作品の監督も務めている。

 

 

さて、そんな彼の作品を今回は2つ取り上げてみたい。

 

まずひとつめは『Carrot vs Ninja』という作品。

 

内容としては、一見するとアメリカのカートゥーン・アニメーションのような趣を持っているのだが・・・、まあ興味のある方はご覧いただきたい。タイトル通り、“キャロット対ニンジャ”の物語である。

 

 

さてもうひとつは、『Can’t you see me?』という作品。

 

Can’t you see me?

image source : Can't you see me?

 

これは元々はCM製作の為のテストとして、お休みの日曜日に、自宅で妻と息子を出演者として制作した実験的な作品だということである。

 

興味のある方はぜひご覧いただきたい。だた、もしこちらの作品を観る場合には、興味がなくても先に前述の『Carrot vs Ninja』を鑑賞後にご覧になったほうが、より楽しめるのではないのかと、老婆心ながら付け加えておく。

 

どちらも短い作品ながら、ギュッと旨味の詰まった短編映画である。

 

 

 

 

映画ロボットへの思いを描いた追憶SFファンタジー、イアン・バックノール監督の『SEVERED DREAMS』。

映画2017年の夏は『遊星からの物体X』Tシャツで決まりでしょ、たぶん。

映画新生ペニーワイズの“ハイヤ、ジョージー!”ヴィジュアルが公開、アンディ・ムスキエティ版『イット』のティザー映像公開はいつなのか?

映画イナゴの月明かりの夜にカルト教団が呼び出す悪魔、チャド・アーチボールド監督の『THE HERETICS』。

映画衝撃的な国際テロリスト追跡映像、パブロ・オルロゥスキー監督の『S.I.T.E』がスゴすぎるしコワすぎる。

映画ターミネーターみたいにさ、ロボットは絶対に安全だよっていうSF短編作品『Blinky™』。

アニメーション水棲生物たちのレジスタンスを描く『THE INCIDENT AT TOWER 37』、悔い改めなければいずれ人間は滅びるだろうよ。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro