読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

“自転車専用車線”を走るジェダイの勇姿、ブルックリン橋で『スター・ウォーズ』のテーマを歌いながら正義を貫く男の物語。

Bike Lane Hero. New Years Day.

image source : Bike Lane Hero. New Years Day.

 

アメリカ合衆国のニューヨークにあるイースト・リバー(East River)、この河川を跨ぎブルックリンとマンハッタンを結ぶ米国内最古の吊橋に“ブルックリン・ブリッジ”(Brooklyn Bridge)というものがある。

 

この橋はニューヨークの観光名所としても有名なので、ご存じの方は多いと思うし、渡ったことのある方や、中には毎日渡っているよ!というニューヨーカーな方もいるかもしれない。

 

ちなみにぼくはかつて、サンフランシスコにあるゴールデン・ゲート・ブリッジは渡ったことがあるが、残念ながらブルックリン・ブリッジは今までの人生で一度も渡ったことがない。

 

元々の名称はニ“ューヨーク=ブルックリン・ブリッジ”あるいは“イースト・リバー・ブリッジ”と呼ばれていたそうだが、1915年に現在の名前が正式名称として認定されたそうである。

 

そしてこの橋、映画愛好家の方であれば必ず一度や二度は目にしているはずだと思う。なぜならこのブルックリン・ブリッジはアメリカ映画に登場する名所としてもなかなか有名な場所なのである。

 

例えばあのジョン・トラボルタの出世作としても知られるジョン・バダム(John Badham)監督の『サタデー・ナイト・フィーバー』(Saturday Night Fever)はまさにブルックリンとマンハッタンを舞台とした作品なのでもちろん登場するし、ゾンビ映画愛好家としては外せないルチオ・フルチ(Lucio Fulci)監督の『サンゲリア』(Zombie)でのゾンビだらけなシーン、またマット・リーヴスMatt Reeves)監督の『クローバーフィールド/HAKAISHA』(Cloverfield)では、自由の女神にもビビるが、ブルックリン・ブリッジにも大いにビビったはず。

 

その他にも、フランシス・ローレンス(Francis Lawrence)監督の『アイ・アム・レジェンド』(I Am Legend)や、ミミ・レダー(Mimi Leder)監督の『ディープ・インパクト』(Deep Impact)などなど、数多くの映画に登場している。ニューヨークが舞台なら大抵は登場するのではなかろうか。

 

さて、このブルックリン・ブリッジにて、2017年1月のはじめに撮影されたある男の姿に、朝っぱらから心を打たれた。

 

その映像に映し出されたのは、『スター・ウォーズ』(Star Wars)のメインテーマにのせて“自転車専用車線”(バイク・レーン)のマナーを訴える、あるひとりの男の壮大な姿だったのである。

 

日本でも近年名前だけはメジャーになりつつある自転車専用車線、つまり歩行者でも自動車でもなく“自転車”が優先的に走行することが定められた、まあいわゆるマナー道路である。

 

大きな目的のひとつとしては、歩行者と自転車の接触事故防止、あるいは自転車と自動車の接触事故防止ということがあると思う。一般的には歩行者への配慮とか、自動車に対しての自転車への配慮という考え方が目に映るが、その逆の見方というのも当然存在するだろう。

 

つまり地域や状況によってはなかなか自転車専用車線への理解度が低く、自転車専用車線が歩行者で埋め尽くされているというケースがあるというわけ。まあ歩行がメインのぼくとしては、これは日本でのケースだが、歩道をアホみたいなスピードで疾走する気の狂った自転車野郎もたくさんいるので、もっと自転車専用車線を増やして正しく活用して欲しいとは思っている。

 

それでもって、このブルックリン・ブリッジのケースでは自転車目線なのだが、そこに登場したのだが、“ここはバイク・レーンだよ〜♪”と高らかに歌いながら、自転車専用車線を埋め尽くす人々にマナーを呼びかける“自転車専用車線のジェダイ”とでも呼ぶべき男なのである。

 

その勇姿があまりにも清々しかったので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

 

あっ、鑑賞前に老婆心ながら注意点を、これを観てあまりにも清々しすぎて、今日から真似してみよう!という人が続出すると思うのだが、場合によっては、こと日本では、トラブルのもとにもなりかねないので...、ご利用は計画的に。

 

 

 

 

Star Wars IV: A New Hope

Star Wars IV: A New Hope

 
スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)

スター・ウォーズ/フォースの覚醒 オリジナル・サウンドトラック(初回スリーブ仕様)

 

 

映画衝撃の“ウサギ”と“シマウマ”、セドリック・ニコラス=トロイアンの短編作品『CARROT VS NINJA』と『CAN’T YOU SEE ME?』。

映画ロボットへの思いを描いた追憶SFファンタジー、イアン・バックノール監督の『SEVERED DREAMS』。

映画2017年の夏は『遊星からの物体X』Tシャツで決まりでしょ、たぶん。

映画新生ペニーワイズの“ハイヤ、ジョージー!”ヴィジュアルが公開、アンディ・ムスキエティ版『イット』のティザー映像公開はいつなのか?

映画イナゴの月明かりの夜にカルト教団が呼び出す悪魔、チャド・アーチボールド監督の『THE HERETICS』。

映画衝撃的な国際テロリスト追跡映像、パブロ・オルロゥスキー監督の『S.I.T.E』がスゴすぎるしコワすぎる。

映画ターミネーターみたいにさ、ロボットは絶対に安全だよっていうSF短編作品『Blinky™』。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro