ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

人工妊娠中絶をテーマに扱ったホラー映画『BLESSED ARE THE CHILDREN』、それは一体誰の復讐なのか。

先日鑑賞したラッセ・ハルストレムの『サイダーハウス・ルール』(The Cider House Rules)では、大きなテーマとして“人工妊娠中絶”というものが描かれていた。俗に言う子供を堕ろすという行為である。

 

サイダーハウス・ルール [Blu-ray]

サイダーハウス・ルール [Blu-ray]

 
サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)

サイダーハウス・ルール〈上〉 (文春文庫)

 

 

これに関しては、社会的あるいは倫理的に、さらに世界各国の文化や宗教等によって様々な考え方があり、一概に述べられる問題ではないだろうと思う。そしてもちろん日本でも、実に身近に存在する話であり、かつ様々で複雑な問題を含んでいる事柄である。

 

そしてまた映画においてもテーマのひとつとして取り上げられることは多く、作品によって様々な描かれ方をしている。

 

ちなみに前述の『サイダーハウス・ルール』では、実に瑞々しい青春物語の中で描かれているが、例えば負の側面として、ホラー映画などでも大なり小なり多く扱われているテーマではないだろうか。

 

今回はそんな映画を取り上げてみたい。

 

クリス・ムーア(Chris Moore)監督による『Blessed Are the Children』という作品である。

 

Blessed Are the Children

image source : https://www.facebook.com/childrenareblessed/

 

タイトルは「祝福された子供たち」とでもいう意味だろうか。

 

そのストーリーラインは、暴力的な婚約者と別れた後、自分が妊娠していることを知った主人公のトレーシーが、友人の助けを借りて病院での中絶を決心するのだが・・・、その日から彼女の周りで奇妙なことが起こり出すというものらしい。

 

まずポスター・ヴィジュアルからして、80年代あたりのホラー映画を思わせるものがあって、なかなか恐ろしい・・・。さてその予告編が公開されているので、興味のある方はご覧いただきたい、ジャンルで言えばスラッシャー映画だと思う。そして、最近観たホラーな予告編の中でも、随分と“怖いレベル”の高いものだと感じる。それも日常生活に潜んでいるような、ゾッとする怖さがある。

 

怖いのがダメな人は、ご注意を。

 

 

 

 

ミュージックビデオ狂気のサーカス逆再生、LENINGRADのミュージック・ビデオ『KOLSHIK』。

映画地下道にある異界の入口を描いた『ПЕРЕХОД - THE CROSSING』、新宿にもこんな場所があるかもしれない。

映画カニバルでディストピアなラブストーリー、アナ・リリー・アミールポアー監督の『THE BAD BATCH』。

映画これが解剖学的に正しい『スパイダーマン』、だって蜘蛛だもの。

映画ゾンビがストリップ劇場で大暴れ、セヴェ・シェレンツ監督の“ストリップ・オブ・ザ・デッド”な『PEELERS』。

映画クリストファー・ロイド出演の超常現象ホラー『THE SOUND』、幽霊目撃の秘密は“音”にあるらしいよ。

映画ラース・フォン・トリアーの最新作『THE HOUSE THAT JACK BUILT』が、いろいろと気になる話。

 

 

月白貉