読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

映画制作会社「A24」の公開したタイトルのない謎のティザー映像、『BEYOND REALITY』あるいは『LIVE BEYOND』。

映画

映画制作会社「A24」のYouTubeチャンネルに、タイトルのない謎のティザー映像が公開されている。

 

説明にはただ一言、「In our near future.」とだけ記されている。

 

同制作会社は近年、『Moonlight』、『20th Century Women』、『The Lovers』、『Free Fire』、『American Honey』、『Supersonic』、『Swiss Army Man』、『The Lobster』、『De Palma』、『Green Room』、『The Witch』、『Ex Machina』などなど、数多くの話題作を手掛けている。

 

ティザーの内容は、まあ観てもらうのが一番早いのだが、冒頭にダダンと登場する生まれたての赤ん坊から幕を開ける。そこには「BEYOND REALITY」の文字が。

 

BEYOND REALITY

image source : A24 - YouTube

 

主要登場人物の中には、アジア人、おそらくは日本人夫婦らしき姿が伺えることと、「人工神経システム切断許諾契約書」なる指紋捺印(指紋認証かな?)シーンでは、完全な日本語が使用されている。そしてその契約書には“2076年3月20”という日付が確認できるので、約60年後の完全なる近未来、つまりSF作品だということが理解できる。

 

というわけで、こういうまったく情報をシャットアウトした手法はとても想像力を刺激するので、なかなか興味深い。だって映像を観るだけでも、いろいろと情報は入っているのだから。

 

なんでもかんんでもすぐに全情報を垂れ流せばいいというものではないのだが、昨今はまさに情報垂れ流し社会、崩壊も近いだろう。

 

では、興味のある方はぜひどうぞ。

 

 

 

 

TVドラマデヴィッド・リンチの高純度ヘロイン・バージョン、『ツイン・ピークス』新シーズンはクーパー捜査官のオデッセイである。

アニメーション: 惑星植民地化の不条理性と無意識世界、目眩くイマジメーションが織りなす『SCAVENGERS』。

映画『ホーム・アローン』は果たしてコメディ映画なのか?『HOME ALONE WITH BLOOD』という試み。

映画大友克洋の『AKIRA』を匂わせるSF短編アニメーション、『POWER HUNGRY』。

映画『パルプ・フィクション』の最強メシ、ビッグ・カフナ・バーガーの作り方。

映画意識と飢餓の間に立つ少女の物語、謎の菌により人々がゾンビ症と化した近未来を描いた映画『THE GIRL WITH ALL THE GIFTS』。

映画スクリーン・ジェムズの新作“スレンダーマン”映画、監督はシルヴァン・ホワイト。

映画写真の中には別の世界がある、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグによる短編ホラー『PICTURED』。

 

 

月白貉

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly