ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

スクリーン・ジェムズの新作“スレンダーマン”映画、監督はシルヴァン・ホワイト。

Deadline.com」の情報によれば、スクリーン・ジェムズ(Screen Gems)が製作する新作“スレンダーマン”映画の監督を、シルヴァン・ホワイト(Sylvain White)が担うことになったそうである。

 

Slenderman

image source : Beware the Slenderman (2016) - IMDb

 

シルヴァン・ホワイトというとフランス出身パリ育ちの映画監督で、『Stomp the Yard』(ストンプ・ザ・ヤード)や『ルーザーズ』(The Losers)、そして『ラストサマー3』(I'll Always Know What You Did Last Summer)などで知られる監督だということくらいしか正直ぼくはよく知らないのだが、近年は主にTVドラマシリーズのエピソード監督を中心に活動しているようである。ちなみに本作品では脚本のデヴィッド・バーク(David Birke)とタッグを組むとのこと。

 

以前このウェブログでは、“スレンダーマン”を題材にしたドキュメンタリー映画、『Beware the Slenderman』の話題を取り上げた際に、スレンダーマンとはなんぞやということについて詳しく触れているので、興味のある方は以下の記事をお読みいただきたい。

 

関連記事恐怖のスレンダーマンはあなたの側にも、本当は恐いドキュメンタリー映画『BEWARE THE SLENDERMAN』。

 

ちなみにであるが、上記の記事の中で触れている『Marble Hornets』 の映画化の話、記事の中ではぼくの勘違いで2017年公開予定だと書かれているが、その映画は実は2015年にすでに公開済みのようである。

 

スレンダーマン役を怪人俳優としてお馴染みのダグ・ジョーンズが演じているその作品とは、ジェームス・モラン(James Moran)の監督による『Always Watching: A Marble Hornets Story』(オールウェイズ・ウォッチング: ア・マーブル・ホーネット・ストーリー)。本作品の中ではスレンダーマンのことを“オペレーター”(The Operator)と呼んでいる。

 

というわけで、シルヴァン・ホワイトが監督する最新作のスレンダーマン映画の詳細はまだまだ謎に包まれているが、最後に『Always Watching: A Marble Hornets Story』の予告編をどうぞ。

 

 

 

 

映画写真の中には別の世界がある、『ライト/オフ』のデヴィッド・F・サンドバーグによる短編ホラー『PICTURED』。

映画邪悪な悪魔との戦いを描いた悪魔祓い映画、『THE COVENANT』(ザ・コヴナント)。

映画: 『A CURE FOR WELLNESS』の新たなプロモーション映像が公開、すぐに治療を受けましょう。

映画: 『エイリアン: コヴナント』の様々な予告編バリエーション、『エイリアン』風とか『プロメテウス』風とか。

動画ヒラリー・クリントンがエイリアンの子供を養子にし、カニエ・ウェストが銀河系大統領に立候補する近未来、360°VRで幕を開ける2017年。

動画: 2017年に忍び寄るペニーワイズの影、2016年に全米を震え上がらせたピエロ騒動は終結したのか?

映画『2016』、今年はまさにホラー映画。

 

 

月白貉