読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

暗殺任務に失敗し、砂漠で孤立したひとりのスナイパー『MINE』。

映画

大学の時に知り合いになった韓国人の中に、大学に来る前はスナイパーをしていたという経歴の人がいた。まあ韓国には兵役があるそうなので、人によってはそういうケースもあるのだろうけれど、なんだか違う世界の話のように聞こえた。

 

彼は学生時代に学生運動の指導者だったらしく、政府から特別に目を付けられていたため、兵役の際には一番ハードな部署に所属させられて38度線のあたりでスナイパーの役目を担って過ごしていたらしい。普通に話している分にはとても温和で穏やかな人だったが、共通の知り合いの話によれば“すげえ強い”ということだった。

 

スナイパーと聞くと「えっ、すごい!」と思ってしまうが、戦争を知らない日本人のぼくは漫画や映画でのスナイパーのイメージしか知らない。

 

例えば、トム・ベレンジャー(Tom Berenger)とビリー・ゼイン(Billy Zane)が出演していた『山猫は眠らない』(Sniper)とか、最近だとクリント・イーストウッド(Clint Eastwood)が監督した『アメリカン・スナイパー』(American Sniper)とか。

 

昨今の戦争映画で描かれるリアリティーについては、作品によってはドキュメンタリーとでも言えるようなものになっているかもしれないけれど、それでもただ映画を観ているのと、自らがその世界に身を投じているのとでは、その理解には雲泥の差があることは確かで、スナイパーの役割に対してぼくが漫画や映画で得た知識を単に言葉にすれば、銃で人を撃ち殺すことだが、それはおそらく理解というレベルのものではないはずであるから。

 

さて、そんな前置きがありつつ、今回は最新のスナイパー映画を取り上げてみたい。

 

ファビオ&ファビオとしても知られるイタリアの映画監督、ファビオ・グアリオーネ(Fabio Guaglione)とファビオ・レジナーロ(Fabio Resinaro)による『Mine』である。

 

Mine

image source : Mine

 

ストーリーラインは、砂漠での暗殺任務に失敗してしまった米軍人が、あるトラブルのために砂漠内にひとりで孤立してしまう姿を描いた物語である。

 

そのなかなか見応えのある予告編が公開されているので、お暇な方はぜひご覧いただきたい。ちなみに本作品はアメリカ、スペイン、イタリアの共同制作によるもので、スペインやイタリアでは2016年にすでに公開されている。アメリカでは2017年4月7日の劇場公開を予定しているとのこと。

 

では、どうぞ。

 

 

 

 

 

映画『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフと巡る、素晴らしいニュージーランドの旅。

映画恐怖の鹿男から逃れる術はない、森の中に何かが潜む系ホラー『DEVIL IN THE DARK』。

映画謎のカルトが崇めるものとは?J・ギレスピとS・コスタンスキが放つ純然たる宇宙的恐怖『THE VOID』。

映画S・キングとJ・J・エイブラムスの強力タッグ再び、Huluが放つ最新作『キャッスルロック』(CASTLE ROCK)の謎。

映画テレンス・マリック最新作『SONG TO SONG』、テキサスの音楽シーンを舞台にした誘惑と裏切りの三角関係。

映画これがホラー映画の“マナー”『NIGHT OF THE SLASHER』、スラッシャーの“決まりごと”よ永遠に。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画地獄と最悪がそこにある、ジョン・カーペンターを彷彿とさせる新たな恐怖神話『THE VOID』。

 

 

月白貉