読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフと巡る、素晴らしいニュージーランドの旅。

時々ふと、ピーター・ジャクソン(Sir Peter Robert Jackson)の『ロード・オブ・ザ・リング』(The Lord of the Rings)が観返したくなることがある。

 

 

幸運なことに三作とも手元にDVDがあるので、そんな時は迷わず観返す、もちろんお酒を飲みながら。

 

J・R・R・トールキン(John Ronald Reuel Tolkien)の原作を読んだのはもうずいぶん昔のことだけれど、はじめて実写で映画化されるという話がアメリカの映画雑誌に掲載されたのを目にした時の驚きを今でも覚えている。そして公開当時に映画館に足を運んで、もちろんさらに驚いた。

 

監督のピーター・ジャクソンニュージーランド出身だからという理由かどうかはよく知らないが、本作品はニュージーランドをロケ地として大規模な撮影が行われたことでもよく知られている。その後日本でも様々な旅行会社が“中つ国”を巡ろう!という企画のニュージーランド旅行のツアーを打ち立てているし、ニュージランド政府自体もそれを観光の要のひとつにしているようである。

 

ぼくは残念ながらニュージーランドには行ったことがないが、もし機会があれば行ってみたいなあと、映画を観返す度に思っている。

 

さて今回取り上げるのは、そんな『ロード・オブ・ザ・リング』な話題。

 

写真家のアクヒル・ズハース(Akhil Suhas)さん、たぶんインドの人だと思うのだけれど、彼が『ロード・オブ・ザ・リング』をコンセプトとして、ニュージランドを旅しながら撮影した風景写真を公開している。

 

そのタイトルは『Gandalf The Guide』。

 

なんと彼は六ヶ月という長期間に渡ってニュージーランドを旅して、この写真集を完成させている。異国を六ヶ月も旅するなんて、『ロード・オブ・ザ・リング』は別として、なんだか羨ましいなあと思ってしまう。

 

さて、何がガンダルフなのかは、その写真をご覧いただけばわかるはず。

 

 

 

 

 

ガンダルフのコスプレは若干ラフで地味だけれど・・・、写真自体はとても美しい、そしてやろうと思ってもそう簡単にはなかなか出来ないと思う。

 

これを例えば、旅の仲間全員でやろう!ってことになっちゃうと、良さがなくなってしまうはず。ガンダルフひとりが立っている物悲しさと、ちょっとしたシュールさみたいなものに良さがある。

 

彼のインスタグラムにはこの他にも、ガンダルフと共に巡るニュージーランドの写真がたくさん公開されているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい、コチラからどうぞ。

 

さて最後に、航空会社エア・ニュージーランドのセーフティ・ビデオをご覧頂いて、お開きとしたい。

 

 

 

 

 

映画恐怖の鹿男から逃れる術はない、森の中に何かが潜む系ホラー『DEVIL IN THE DARK』。

映画謎のカルトが崇めるものとは?J・ギレスピとS・コスタンスキが放つ純然たる宇宙的恐怖『THE VOID』。

映画S・キングとJ・J・エイブラムスの強力タッグ再び、Huluが放つ最新作『キャッスルロック』(CASTLE ROCK)の謎。

映画テレンス・マリック最新作『SONG TO SONG』、テキサスの音楽シーンを舞台にした誘惑と裏切りの三角関係。

映画これがホラー映画の“マナー”『NIGHT OF THE SLASHER』、スラッシャーの“決まりごと”よ永遠に。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画地獄と最悪がそこにある、ジョン・カーペンターを彷彿とさせる新たな恐怖神話『THE VOID』。

映画プルイット・テイラー・ヴィンス怪演、悪魔に取り憑かれた画家を描く『THE DEVIL'S CANDY』。

 

 

月白貉