読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

ジョイスティックが十字架だぜ、“怒りの日”をテーマにした終末的アーケードゲーム『DIES IRAE』。

映画 ゲーム

キリスト教における終末思想に“怒りの日”と呼ばれるものがある。

 

英語表記だと「DAY OF WRATH」だが、基本的にはラテン語で「DIES IRAE」(ディエス・イレ)と表記されるみたい。

 

じゃあ怒りの日ってどんな日なの?ということだが、簡単に言えば世界の終末、キリストが過去に死んだすべての人間を地上に復活させて、その生前の行いを審判し、神のいる天国に行って永遠の命を授かって幸せに暮らすのか、あるいは悪魔のいる地獄に行って永劫に苦しむのかを選別するという思想であり、まさにそれが行われる日のことでもある。

 

その様子については『ヨハネの黙示録』などにも詳述されている。

 

諸星大二郎の『生命の木』では、“ぜずさま”は「みんな〜、ぱらいそさ、いくだ〜!」と叫んで“いんへるの”で苦しむすべての人々を“ぱらいそ”に連れて行ってくれるけれど、メジャーなジーザスは最終的に選別して地獄にも落とすようである・・・。

 

汝、神になれ鬼になれ―諸星大二郎自選短編集 (集英社文庫―コミック版)
 

 

さて、フランスのプルーヴァンを拠点に活動しているアーティストのセバスチャン・ベルトア(Sebastian Bertoa)さんが、この『怒りの日』というタイトルを掲げたアーケードゲームを制作して、そのプレイ動画を公開している。

 

まあアーケードゲームといっても、実際にプレイできるゲームなのかどうかは不明であるが、おそらくはそういうコンセプトのアート作品なのだと思う。

 

ちなみにゲーム機のジョイスティックが十字架になっているという荘厳なもので、タイトルは先述の通り『DIES IRAE』。

 

DIES IRAE

image source : DIES IRAE TRAILER - YouTube

 

動画のタイトルには予告編と書かれていて、説明にもアート・インスタレーションと書かれているけれど・・・、もしかして実はちゃんとプレイできるのかな?

 

内容は、まあ動画を観ていたただくのが早いが、ゲームの冒頭で神がキリストに電話して、「地獄に悪人が増えすぎて溢れちゃってさ、地上に蘇っちゃったから、なんとかしてよ。」と言っているところからはじまる。そこでキリストは悪人を再び掃除するために・・・、というもの。悪人の設定には皆さんおなじみの奴らがいたりするという、わりとブラックなユーモアが満載である。

 

個人的にはすごくおもしろかったので、興味が湧いた方は、ぜひご覧いただきたい。

 

 

 

 

映画『時計じかけのオレンジ』のコロヴァ・ミルク・バーを、ちょっと作ってみたよ。

TVドラマ“すっげえ美味いコーヒー”が飲みたくなる『ツイン・ピークス』の名シーン、『Twin Peaks | Damn Good Coffee』が公開中だよ。

アニメーションRPGで職業選ぶなら何?っていうアニメーション『THE VOCATION』、騎士とか魔法使いとか・・・それとも。

映画ピーター・オトゥールの遺作はカザフスタン映画、完成から6年を経て公開される『DIAMOND CARTEL』がロシアの“グラインドハウス”映画っぽい。

映画ぼくと、映画。

映画ジョージ・A・ロメロ誕生日企画!『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』12時間耐久マラソン開催予定だよ。

映画『13日の金曜日 完結編』バージョンのNECA製ジェイソンは、顔面にマチェーテが切り込める仕様だよ。

映画2017年のハロウィンは、『悪魔のいけにえ』がトレンドと相場が決まっている。

映画特殊な“フォース”を持った男の超常ホラー『FORCES』、例の超有名SF映画へのオマージュ?

 

 

月白貉

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly