ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

新作『ザ・プレデター』には、ゲイリー・ビジーの息子ジェイク・ビジーが出演している!

2018年8月3日の米国公開が予定されているシェーン・ブラック(Shane Black)監督の『ザ・プレデター(原題:The Predator)』。

 

 

本作品は『プレデター』(Predator)フランチャイズの最新作であり、第1作目のジョン・マクティアナン(John McTiernan)監督による『プレデター』、その続編であるスティーヴン・ホプキンス(Stephen Hopkins)監督による『プレデター2』(Predator 2)に引き続く正統的な続編として話題を集めている。

 

 

 

本作品に関しては以前にも何度か触れているので、興味のある方は以下の記事もぜひお読みいただきたい。

 

関連記事シェーン・ブラック監督『ザ・プレデター』の新たな“ハンター”写真公開、撮影はちゃんと進んでるのかなあ?

 

関連記事シェーン・ブラック監督『ザ・プレデター』の“ハンター”写真が遂に公開!これは遺伝子操作による地球製クローン・ハンターか?

 

さて、以前の記事でも触れているが、ブラック監督が本作品への出演を熱望していた第1作目の主演、アラン・“ダッチ”・シェイファー少佐役のアーノルド・シュワルツェネッガー(Arnold Alois Schwarzenegger)は、役柄が不満だとして現時点では完全にオファーを断っている。「脚本を書き直すなら考えてもいいけれど、現時点では出る気はないよ。」というようなことを語っているそうである。

 

せっかくなんだからどんな役だろうと、カメオで出演すればいいのになあと、『プレデター』愛好家としては思ってしまうのだけれど。

 

しかし本作品には、過去の作品に縁のある俳優が出演を果たしている。

 

プレデター2』でピーター・キース特別捜査官役を演じているゲイリー・ビジー(Gary Busey)の息子ジェイク・ビジー(Jake Busey)が、なんと本作品にピーター・キースの息子役として出演しているのである。

 

 

ジェイクは、先日出演したインタビュー・ショー「ザ・レッド・ブース(The Red Booth)」において、ブラック監督による『ザ・プレデター』の話題に触れて以下のように述べている。

 

 

He called me and he said Hey, you wanna do this movie? We don’t have money for you but it’ll be a fun thing to come play and be your father’s son. And so as much as I have followed in my Dad’s footsteps career-wise, this is like really following in his footsteps by playing a character who is the son of the character he played,

 

簡単に言うと、ブラック監督から電話があり、ギャランティーはないけれど、父親が『プレデター2』で演じた役の息子役として出演しないかと言われた、というような内容である。ちなみにジェイクが演じている役名は不明だが、科学者役だとのことである。

 

 

なんだったらゲイリー・ビジー本人とか、ダニー・グローヴァー(Danny Glover)にも声を掛けてみればいいのにと思うが、いろいろと大人の事情があるのだろう。

 

 

ちなみにジェイク・ビジーと言えば、ポール・バーホーベン(Paul Verhoeven)監督『スターシップ・トゥルーパーズ』(Starship Troopers)のエース・リビー役や、トニー・スコット(Tony Scott)監督『エネミー・オブ・アメリカ』(Enemy of the State)のクルーグ役なんかが思い出される。そして、ぼくはお父さんの方の隠れたファンなので、その雰囲気を存分に受け継いでいるジェイクもなかなか好きである。

 

 

スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]

スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]

 
エネミー・オブ・アメリカ [Blu-ray]

エネミー・オブ・アメリカ [Blu-ray]

 

 

というわけで最後に、ジェイク・ビジーが出演しているザ・レッド・ブースの動画が公開されているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。『ザ・プレデター』の話題は、6分50秒あたりで話し始めているよ。ちなみに、ホストを務めている女性はキンバリー・クイグリー(Kimberly Quigley)である。

 

 

 

 

アイデンティティー [Blu-ray]

アイデンティティー [Blu-ray]

 
コンタクト [Blu-ray]

コンタクト [Blu-ray]

 

 

ドキュメンタリー映画ネズミをテーマにしたホラー映画ばりに恐ろしいドキュメンタリー、モーガン・スパーロック監督『ラッツ(原題:RATS)』

 

ホラー映画名も無き太古の森の超常性に捕らわれた男、ロルカン・フィネガン監督『ウィザウト・ネーム(原題:WITHOUT NAME)』

 

ホラー映画湖に潜む魚人間の恐怖、アダム・ギアーラスチ監督『ハウス・バイ・ザ・レイク(原題:HOUSE BY THE LAKE)』

 

短編映画ネズミがうるさくて眠れないよ!ダイ・アントワードのヨ=ランディ・ヴィッサー監督短編作品『トミー・キャント・スリープ(原題:TOMMY CANT SLEEP)』

 

海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』第7シーズンの予告編第2弾&新ポスター・ヴィジュアルが公開、遂に冬は来た!

 

SF映画N・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオが放つ第2弾『クッキング・ウィズ・ビル - ダマス 950(原題:COOKING WITH BILL - DAMASU 950)』公開!

 

ホラー映画かぶってはいけないマスクの恐怖、ジョン・ウィリアム・ロス監督『マスク・メーカー(原題:Mask Maker)』

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro