ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

ギレルモ・デル・トロとコラボした“パトロン”のプレミアムテキーラが限定販売開始!

もうずいぶん昔の話だが、かつてぼくは一度だけ“クラブ”なる場所に行ったことがあり、確か仕事先の飲み会の二次会で、知人の知人に連れて行かれたと記憶している。

 

店に入ってしばらくすると一緒に来ていた知人の知人はどこかへいなくなってしまい、仕方ないので隣に居合わせた見知らぬ女性とテキーラのショットを何杯も何杯もガブガブ飲んでいたら途中の記憶がまったくなくなっていて、気が付いたらフロアのど真ん中でゲイのインド人と一緒に『ステイン・アライブ』(Staying Alive)ばりのダンスを踊っていたということがあった。

 

酒はけっこう強い方で、ゆっくりなペースだったら日本酒一升くらいではそれほど酔うことはない。その時テキーラをどのくらい飲んだかはさっぱり覚えていないが、やはり40度超えのお酒をショットで一気に飲んでいたりすると酔っ払うなあということを学んだほろ苦い思い出である。

 

テキーラと言えば、塩舐めてライムかじって一気に飲むという作法でも知られており、そんな飲み方で大量に飲むから悪酔いするというイメージも強い。しかし昨今では、プレミアムテキーラと呼ばれるゆっくり味わう高級テキーラが人気らしく、その中でもウルトラプレミアムテキーラと呼ばれる「パトロン」というテキーラ・ブランドが存在する。

 

残念ながらぼくはまだパトロンテキーラを飲んだことはないが、ハリウッドのセレブなどからも非常に支持されている人気ブランドだということで、様々な種類が販売されている。純粋なテキーラだけでなくテキーラに合わせるためのリキュールなどもあるらしい。

 

パトロン シトロンジ 750ml

パトロン シトロンジ 750ml

 

  

ところで、このパトロンが国際テキーラ・デイを記念して、メキシコ出身の有名な映画監督とのコレボレーション限定商品を販売するということで話題を集めている。

 

コレボレーションのお相手とは、誰あろう御大ギレルモ・デル・トロ(Guillermo del Toro)である。

 

 

ボックス及び瓶を彩るデザインは、このテキーラが製造されているメキシコ・ハリスコ州の民俗芸術をモチーフにしているとのこと。儀式めいたその造形がなかなかグッとくる。そしてこの商品には限定のプレミアムテキーラと共にオレンジリキュールもセットになっているそうである。

 

骸骨の胴体部分がテキーラ750mlで、頭蓋骨の部分がオレンジリキュール100mlになっているんだね。

 

 

ちなみにもちろん数量限定のようで、現在コチラで予約受付中とのこと。詳細に関しても同ウェブサイトに掲載されているので、興味のある方は是非にもご覧いただきたい。ちなみにお値段は475ドル、なかなかお高いわね。

 

まあプレミアムテキーラ初心者のぼくとしては、まずベーシックなやつを飲んでみようと思っている。

 

では最後に、『パトロンテキーラギレルモ・デル・トロ』(Patrón Tequila x Guillermo del Toro)のコンセプト映像が公開されているので、参考までにご覧いただきたい。ダーク・ファンタジー映画のオープニングのような趣を持つこの動画を観たら、絶対欲しくなっちゃうと思うけどね。

 

 

 

 

 

ホラー映画あなたも“ジグソウ”の1ピースになろう!スピエリッグ兄弟監督による『ジグソウ:ソウ・レガシー』の予告編公開!

 

映画ウィル・スミス主演の現代版ファンタジー、デヴィッド・エアー監督によるNETFLIXオリジナル作品『ブライト』

 

映画雪だるま的連続殺人事件!トーマス・アルフレッドソン監督『ザ・スノーマン(原題:The Snowman)』

 

映画ギレルモ・デル・トロ最新作『ザ・シェイプ・オブ・ウォーター(原題:THE SHAPE OF WATER)』の予告編映像が遂に公開!

 

映画予告編映像公開まであとわずか?ギレルモ・デル・トロ最新作『ザ・シェイプ・オブ・ウォーター(原題:THE SHAPE OF WATER)』

 

ホラー映画『悪魔のいけにえ』の源流を描く最新作『レザーフェイス(原題:LEATHERFACE)』の予告編が遂に公開!

 

ホラー映画“ゾンビ王”ことジョージ・A・ロメロが77歳で死去、しかし黒眼鏡王は墓から蘇るに違いない!

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro