ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

『エイリアン:コヴェナント』にインスパイアされた短編作品、未知のゼノモーフ誕生を描いた『BIOTIC』。

2017年9月15日の日本公開が予定されている話題のSF作品、リドリー・スコット(Sir Ridley Scott)監督による『エイリアン:コヴェナント』(Alien: Covenant)。

 

米国での公開は同年5月19日ともはや目前まで迫っており、現地の『エイリアン』愛好家は半ば発狂寸前に追い込まれているに違いない。

 

そして現在本作品の公開を祝すようにして、公式プロモーション含め、各所では『エイリアン:コヴェナント』祭りと化しているのだが、そんな中で今回は本作品にインスパイアされた短編作品を取り上げてみたい。

 

ビデオアーティストのゼフ・ディーンズ(Zev Deans)監督による『Biotic』という作品である。

 

Biotic

image source : Crypt TV - Video artist Zev Deans made a horrifying,...

 

この人物は“Panorama Programming”という名前で、ニューヨークのブルックリンを拠点に活動するアーティストだと思うのだが、詳細に関してはあまりよく知らない。しかし噂によると、彼は生粋の『エイリアン』愛好家だということである。

 

さてそして、本作品がどんな内容かということに少しだけ触れておくと、『エイリアン』では当然お馴染みのゼノモーフの誕生を描いた物語である。短編作品のためあまり多くを語ってしまうと楽しみを奪ってしまうので説明は軽めにしておくが、本作品で描かれるゼノモーフ誕生は従来の公式作品シリーズで描かれているものとは一味違う。

 

前述のように一応『エイリアン:コヴェナント』インスパイだと表記がなされているが、ある意味では『プロメテウス』(Prometheus)インスパイアだと言えるかもしれないし、やや『エイリアン3』(Alien³)的要素も含まれているように感じる。そしてもうひとつ、この作品で描かれるゼノモーフは、おそらく野生のものではなく、ウェイランド・ユタニ社によって繁殖が行われているもののようである。

 

というわけで、興味のある方はぜひご覧いただきたいが、若干R指定な映像だということだけ付け加えておく。

 

では、ごゆっくりどうぞ。

 

 

 

 

 

映画シェーン・ブラック監督『ザ・プレデター』の“ハンター”写真が遂に公開!これは遺伝子操作による地球製クローン・ハンターか?

映画MTVアワードで公開されたA・ムスキエティ版『イット』の最新ティザー映像、“ルーザーズクラブ”・エディション!

映画『ツイン・ピークス』新シーズン放送開始目前、本編映像を多数含んだ冥土の土産的ティザー映像公開!

映画ネバダ州の荒野でゾンビにストーキングを受ける女性の物語、コリン・ミニハン監督の『IT STAINS THE SAND RED』。

映画『ブレードランナー 2049』の予告編に、『プロメテウス』の“エンジニア”が登場している。

映画S・キング原作『ミスト』TVシリーズ版の最新ティザー映像公開、米国での放送開始は2017年6月22日。

映画D.ヴィルヌーヴ監督による『ブレードランナー 2049』約2分間の本予告編が遂に解禁、質疑応答のライブ映像もあるよ。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro