読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

ダークサイドなクリスマス!祖父ダース・ベイダーと孫カイロ・レンが過ごす素敵な時間、『Darth Santa STRIKES BACK!』。

映画

生粋の日本人であるぼくでも、子供の頃は確かに、クリスマスってものが楽しみで仕方がなかった。

 

なにが楽しみだったかと言えば、プレゼントが貰えて、美味しいものが食べられるからという、キリストとか信仰とか、そういうものなんてまったく関係のない欲求のみ。

 

大人になってからも、まあこの時期になると、子供の頃ほどアホみたいに楽しみではないけれど、幼い頃に植え付けられたおかしな欲求が疼きだして、少しだけ特別な気持ちになったりすることもある、まあ正直に言えばもう大人だし、信仰のないぼくには何の変哲もない二日間にすぎないけれどね。

 

でもせっかくなので、今回はクリスマスにちなんだ話題を取り上げてみたいと思う。

 

現在、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)が話題沸騰中の例の壮大なる銀河叙事詩スター・ウォーズ』、ほとんどの方はご存知のはずだが、その作品中でも圧倒的な中心人物がいる。

 

ダース・ベイダーこと、アナキン・スカイウォーカーである。

 

そんなダース・ベイダーが、孫のカイロ・レンと共に特別な時間を過ごすクリスマスを描いた短編作品、『Darth Santa STRIKES BACK!』を取り上げたい。

 

Darth Santa STRIKES BACK!

image source : Corridor - YouTube

 

もちろんダークサイド的なヤンチャなクリスマスの楽しみ方なのだが、非常に楽しそうなクリスマスの一日に思える素敵な作品、なんだかんだ言ってもダークサイドのほうがいろいろな意味で、ぼくは好きである。

 

クリスマス目前の今、お暇なら是非にもご覧いただきたい、ではどうぞ。

 

 

 

 

 

アートジェイソン・ボーヒーズに、『13日の金曜日 PART3D』Tシャツを着せてみた。

映画: W・アンダーソンの新作『犬ヶ島』(Isle of Dogs)に、あなたも出演できるかも。

映画: 南米産ブギーマンが抱える現代社会の苦悩、『El Cuco - Portrait of a Boogeyman』(エル・クコ - ブギーマンの肖像)。

アート: バーガーをスプライトで胃に流し込みながら、『パルプ・フィクション』を観返したい。

TVドラマ: 『ツイン・ピークス』続編の新たな予告編公開!ゴードン・コール役のデヴィッド・リンチがドーナツを頬張るだけ。

映画: ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督の『BLADE RUNNER 2049』、遂に予告編公開!

アート: ルークもレイアもお家へ帰ろう、フランスのアーティストが描くハートウォームでギークな家族の背中アートが素敵。

映画日曜日の午前中に最適なゾンビ映画、スタイリシュでスピード感のある『DEEP 6』。

 

 

月白貉