読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

日曜日の午前中に最適なゾンビ映画、スタイリシュでスピード感のある『DEEP 6』。

映画

今回の「ぼくと、ホラー。」は、ホラー映画の細分化ジャンルの王道、ゾンビ映画を取り上げてみたい。

 

ゾンビ映画の始祖とも言えるジョージ・A・ロメロの『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(Night of the Living Dead)以来、昨今までに実に様々なゾンビ映画が製作されている。

 

個人的には彼のもっともメジャーなゾンビ作品、『ゾンビ』(Dawn of the Dead)や『死霊のえじき』(Day of the Dead)で描かれている楽園感が非常に好きであるが、今最も注目されているゾンビ作品と言えば『ウォーキング・デッド』(The Walking Dead)シリーズであろうと思う。しかし、ぼくはまだシーズン1までしか観ていない・・・。

 

さて、取り上げるのは「18 Lives Productions」の製作による短編のゾンビ映画『Deep 6』(ディープ6)、監督はスコット・マクナマラ(Scott McNamara)とケヴィン・マクナマラ(Kevin McNamara)。

 

Deep 6

image source : 18 Lives Productions - YouTube

 

ロサンゼルスでテロ事件が起こり、細菌兵器が使用されたというような話から幕を開ける物語である。非常にスピード感がありなかなかスタイリッシュなゾンビ映画。短編のゾンビ映画は往々にしてチープな作りの場合が非常に多いのだが、この作品は一味も二味も違う。日曜日の遅い朝食の後に、窓から差し込む気持ちのよい冬の朝日を浴びながら鑑賞するには最適なゾンビ映画かと感じる。

 

ちなみにタイトルになっている『Deep 6』とは遺体を埋める時の深さである6フィートを表す言葉だそうであり、つまりは埋葬を意味する。さらには、劇中で使用されているマリリン・マンソンの曲にも、おそらくは掛かっているのかな。

 

というわけで、お出かけ前のひとときに、ぜひこのゾンビ映画をどうぞ。 

 

 

 

 

映画: 祖母から語り聞かされた森の秘密、降りかかる災厄から身を守る『THE BIRCH』の魔術。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画: デヴィッド・F・サンドバーグ作品には欠かせない、ロッタ・ロステンという女優。

アニメーション少年は宇宙を掌の中に握りしめている、壮大な生命的宇宙観を想起させるアニメーション作品『EXODE』。

映画: 見ざる言わざる聞かざるの恐怖、三猿な短編ホラー映画『THREE WISE MONKEYS』の不気味な猿神。

映画: 盲目のジェダイ侍vs.シスの歌舞伎暗黒卿、スター・ウォーズ時代劇『Star Wars Samurai : The Blind Jedi』が奇妙で素敵。

映画: 物置にいる白い布をかぶった恐怖、デヴィッド・F・サンドバーグ監督の『ATTIC PANIC』。

映画: 南米エペクエン廃墟の恐怖、ルチアーノ・オネッティ最新作『Los Olvidados / What the Waters Left Behind』。

TVドラマ『ツイン・ピークス』ファンアート計画、街の入口が例の異世界になりつつある風景。

 

 

月白貉

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly