読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

南米エペクエン廃墟の恐怖、ルチアーノ・オネッティ最新作『Los Olvidados / What the Waters Left Behind』。

映画

アルゼンチンのジャーロ大好き映画監督、『Sonno Profondo』や『フランチェスカ』(Francesca)で知られるルチアーノ・オネッティ(Luciano Onetti)とニコラス・オネッティ(Nicolás Onetti)が新たに製作中のホラー映画『Los Olvidados / What the Waters Left Behind』(ホワット・ザ・ウォーターズ・レフト・ビハインド) 。

 

Los Olvidados / What the Waters Left Behind

image source : https://www.facebook.com/Los-Olvidados-What-the-Waters-Left-Behind

 

物語の舞台は、ヴィラ・ラーゴ・エペキュエン(Villa Lago Epecuén)、あるいはエペクエンというアルゼンチンにある廃墟と化したゴーストタウンのようである。

 

この場所はアルゼンチンのエペクエン湖(Epecuén)沿岸にある町で、かつては美しい湖と青空が広がるアルゼンチンで最も重要な観光地の一つであり、かつ人気のスポットだったらしい。しかし1985年11月10日にこの地を襲った大洪水により町の保護堤防が決壊し水に飲み込まれ、約10メートルの塩水に沈んでしまった。現在では一部を除いて水が引き、再びその姿を現しているそうであるが、約四半世紀以上に渡って放置されている町は、もはや廃墟と化しているという。

 

本作品のプロットしては、再び姿を現したこの町にドキュメンタリーの撮影のために訪れた若者たちを中心に展開される物語のようである。警告を無視して町に足を踏み入れた彼らは町の中で孤立してしまう。そしてこの場所が無人ではなく、自分たち以外にも何かがいることに気付きはじめる・・・。

 

水に沈んで再び姿を現した廃墟に何かがいる・・・、という時点で、もう完全にワクワクする。

 

作品の全貌はまだまだ謎であるが、その最新のスチールが公開されているので、ぜひご覧いただきたい。完全に何かいるらしい・・・、おもしろそうだなあ。

 

Los Olvidados / What the Waters Left Behind

Los Olvidados / What the Waters Left Behind

image source : http://www.comingsoon.net/

 

 

 

TVドラマ『ツイン・ピークス』ファンアート計画、街の入口が例の異世界になりつつある風景。

映画アルプス山奥の健康施設に隠された不気味な謎、ゴア・ヴァービンスキー監督の最新作『A CURE FOR WELLNESS』。

映画: クリストファー・ロイドが演じる連続殺人鬼、『I AM NOT A SERIAL KILLER』で描かれる正気と狂気のカオス。

アニメーション: ママの彼氏はバードマン、優しくも不気味なアニメーション作品『Chez moi』に漂う混沌。

TVドラマ『ツイン・ピークス』のオープニングに、例の3人が立っている風景。

TVドラマNETFLIX最新作『THE OA』、行方不明の7年間に一体何が起こったのか?

TVドラマ: 2017年放送予定の新作『ツイン・ピークス』が楽しみで仕方ない、カイル・マクラクランずいぶん年取ったなあ。

映画謎の怪人「バイバイマン」の恐怖、決してその名前を口にしてはいけない超常ホラー映画『The Bye Bye Man』。

 

 

月白貉