ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

祖母から語り聞かされた森の秘密、降りかかる災厄から身を守る『THE BIRCH』の魔術。

さて、こんにちは、今回から勝手に、『ぼくと、ホラー。』と題して、インターネット上に徘徊するホラー作品を定期的に取り上げていきたいと思う。

 

もちろん初回の一回で終わるかもしれないし、三日スキンヘッドで終わるかもしれないし、未来永劫ぼくが死んでも続くかもしれない。

 

今回取り上げるのは、『The Birch』(ザ・バーチ)という短編作品、バーチとは樺(カバノキ)のことである。

 

The Birch

image source : Bloody Cuts Films - YouTube

 

監督はベン・フランクリン(Ben Franklin)とアンソニー・メルトン(Anthony Melton)、原作はクリフ・ウォレス(Cliff Wallace)。「Crypt TV」(クリプトTV)の協力により制作され、「Crypt TV」と「Bloody Cuts」(ブラッディー・カッツ)にて公開されている。

 

日本ではあまり日常的なことではないかもしれないが、西洋には魔術というものが存在していて、ある側面においては日常的なものになっている。もちろん日本にも独自の魔術は存在するが、そういうった部類のものの多くは宗教や信仰に深く結びついている場合が非常に多いため、昨今の信仰心の希薄な日本においては、自ずと魔術も影を潜めていると感じる。

 

ちなみに魔術というと負のイメージを連想するかもしれないが、あの負のイメージはキリスト教会が魔術師たちを敵対勢力とみなした時代の影響によるところが大きく、魔術とは実際には土着の信仰と古い叡智の流れの融合的なものであり、当然すべての事柄と同じく正と負の両面を持ち合わせたものである。

 

そしてこの『The Birch』は、代々家族に伝わる森の魔術の物語である。

 

個人的にはすっごく好きな部類の作品。

 

では、お暇な方はぜひご覧ください、ごゆっくりどうぞ。(スマートニュースなどからは以下の動画は表示されないかもなので、WEBからどうぞ。)

 

 

 

 

映画: デヴィッド・F・サンドバーグ作品には欠かせない、ロッタ・ロステンという女優。

アニメーション少年は宇宙を掌の中に握りしめている、壮大な生命的宇宙観を想起させるアニメーション作品『EXODE』。

映画: 見ざる言わざる聞かざるの恐怖、三猿な短編ホラー映画『THREE WISE MONKEYS』の不気味な猿神。

映画: 盲目のジェダイ侍vs.シスの歌舞伎暗黒卿、スター・ウォーズ時代劇『Star Wars Samurai : The Blind Jedi』が奇妙で素敵。

映画: 物置にいる白い布をかぶった恐怖、デヴィッド・F・サンドバーグ監督の『ATTIC PANIC』。

映画: 南米エペクエン廃墟の恐怖、ルチアーノ・オネッティ最新作『Los Olvidados / What the Waters Left Behind』。

TVドラマ『ツイン・ピークス』ファンアート計画、街の入口が例の異世界になりつつある風景。

映画アルプス山奥の健康施設に隠された不気味な謎、ゴア・ヴァービンスキー監督の最新作『A CURE FOR WELLNESS』。

 

 

月白貉