ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

ベビーシッター中はホラーの宝庫、マイケル・G・ケホー監督『ザ・ヘイトレッド(原題:The Hatred)』

米国のホラー映画を観ていると、コワい出来事が起こるシチュエーションとして、「若い女性が夜間に知人の家でベビーシッターをしている」というものがある。

 

日本では、ぼくの知る限り、例えば女子高生や女子大生のボランティアあるいはアルバイトとしてベビーシッターというものがあまりメジャーではないと思う。そもそもベビーシッターというもの自体がそれほどメジャーではないんじゃないかな?

 

そのため、日本のホラー作品でそのようなシチュエーションはあまり見ない気がする。まあ、個人的に日本のホラー映画をほとんど観ないからかもしれないけれどね・・・。

 

ただ、米国の作品ではよく見かけるこの状況を、ホラー映画を無駄に細分化ジャンルに分けたいぼくとしては、「ベビーシッターホラー」として捉えたい。

 

例えば、ジョン・カーペンター(John Howard Carpenter)監督の代表作『ハロウィン』(Halloween)は「スラッシャー」であり、「ベビーシッターホラー」でもある。ジェイミー・リー・カーティス(Jamie Lee Curtis)が演じるローリー・ストロードはハロウィンの夜にベビーシッター、つまり小さな子供たちの世話するアルバイトを担っていたと思う。

 

この「ベビーシッターホラー」にも様々あり、前述の『ハロウィン』のようにベビーシッター中に家の中にサイコパスが忍び込んできて襲われるとか、ベビーシッターをしている家が幽霊屋敷だとか、ベビーシッターの対象である子供に恐怖の原因が存在するとか、あるいはベビーシッター自体がサイコパスだという場合もある。

 

とまあそんなわけで、今回取り上げるのは、そういった意味でのベビーシッターホラー、マイケル・G・ケホー(Michael G. Kehoe)監督による『ザ・ヘイトレッド(原題:The Hatred)』である。

 

 

 

物語は、主人公の女性リーガンが週末にベビーシッターを頼まれ、ある大学教授の家に行くことになる。その際に、旅行も兼ねて友人である女性を3人引き連れてゆくらしいのだが、その家には恐ろしいことが待っていた・・・、というものらしい。

 

つまり、ベビーシッターホラー家依存型ということになるね。

 

リーガン役を演じているのはサラ・ダベンポート(Sarah Davenport)。友人の3人には、レイアン役のガブリエル・ボーン(Gabrielle Bourne)、サマンサ役のベイレイ・コーマン(Bayley Corman)、ベタイン役のアリシャ・ウェインライト(Alisha Wainwright)。

 

そして、本作品にはアンドリュー・ディヴォフ(Andrew Daniel Divoff)も出演している。

 

というわけで、本作品の予告編が公開されているので、興味のある方はご覧いただきたい。ちなみに本作品は、2017年9月12日に、Blu-rayとDVD、並びにVODなどでリリースされるということである。

 

 

 

 

 

映画日記『リザとキツネと恋する死者たち』を観たよ、トミー谷日記。

 

ホラー映画最新作『パペット・マスター:アクシス・ターミネーション(原題:PUPPET MASTER: AXIS TERMINATION)』の予告編映像が公開!

 

映画日記『死霊館 エンフィールド事件』を観たよ、へそ曲がり男とヴァラク日記。

 

短編作品まだまだ続くビル!ニール・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオ制作『クッキング・ウィズ・ビル(原題:Cooking With Bill)』

 

短編作品ビルが帰ってきた!ニール・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオ人気シリーズ『クッキング・ウィズ・ビル(原題:COOKING WITH BILL)』

 

ホラー映画スカンジナビアの森に潜むカルト集団の恐怖、デヴィッド・ブルックナー監督『ザ・リチュアル(原題:THE RITUAL)』

 

ホラー映画南大西洋の孤島に隠された秘密、ザヴィエ・ジャン監督『コールド・スキン(原題:COLD SKIN)』

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro