ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

『リザとキツネと恋する死者たち』を観たよ、トミー谷日記。

このウェブログでよく取り上げている話題としては圧倒的にホラー映画のことが目立ちがちだが、ホラー映画ばかり観ているのかと言えば、そんなことはない。

 

なんだったらホラー映画なんて観たこともないと言っても過言ではない(嘘)。

 

昨日はウッイ・メーサーロシュ・カーロイ(Ujj Mészáros Károly)監督の『リザとキツネと恋する死者たち』(Liza, a rókatündér)を鑑賞した。

 

 

一見すると邦題は、キツネとか死者とか、なんだかホラー映画みたいな雰囲気だから、またホラーかよとなるし、キツネの妖怪と邪悪な幽霊の話なので、ホラーではない!とは言い切れないが、ホラー要素は薄い。原題は「キツネの妖精リザ」みたいな意味だと思う。邦題って無駄な情報を付けがちなので嫌いである。

 

一緒に見た相方いわく、クエンティン・タランティーノ(Quentin Jerome Tarantino)とジャン・ピエール・ジュネ(Jean-Pierre Jeunet)とウェス・アンダーソン(Wesley Anderson)を混ぜて少し水で薄めたみたいな映画だったと言っていたが、確かにその表現は一理ある。

 

個人的には、そこにもう一声足して、チャウ・シンチー(周 星馳、Stephen Chow)も混ざっていると思う。

 

結論から言うと、冒頭の辺りはレンタルの選択を間違ったかと思ってヒヤヒヤしたが、トータルで言えば良い映画だと思う。

 

作品の肝となっているのは、トミー谷役を演じているデヴィッド・サクライ(David Sakurai)と、ゾルタン刑事役のサボルチ・ベデ=ファゼカシュ(Szabolcs Bede Fazekas)であろう。

 

 

あとは奇妙な食事シーンがわりと豊富な点も見どころである。

 

タランティーノの『パルプ・フィクション』(Pulp Fiction)の中で、オランダのフレンチフライのお供はマヨネーズだと言って「オエーッ」となっていたが、ハンガリー映画である本作品もマヨネーズであるところなどは興味深い。

 

コメディありサスペンスありの恋愛ドラマだが、最終的には妖狐と邪悪な亡霊の話なので、やっぱりホラー映画だなあ・・・。

 

ちょっとポップに最近見た映画の日記でも綴ろうと思ったが、やっぱりホラーの呪縛から逃れられない今日この頃である。

 

じゃあ最後に予告編でも観てみろよ、なかなかいい映画だぜ。

 

でもまだ未鑑賞で本気で観る気があるなら、予告編観ないほうが絶対楽しめるはず。

 

 

 

 

リザとキツネと恋する死者たち DVD

リザとキツネと恋する死者たち DVD

 
リザとキツネと恋する死者たち Blu-ray

リザとキツネと恋する死者たち Blu-ray

 

 

ホラー映画最新作『パペット・マスター:アクシス・ターミネーション(原題:PUPPET MASTER: AXIS TERMINATION)』の予告編映像が公開!

 

映画日記『死霊館 エンフィールド事件』を観たよ、へそ曲がり男とヴァラク日記。

 

短編作品まだまだ続くビル!ニール・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオ制作『クッキング・ウィズ・ビル(原題:Cooking With Bill)』

 

短編作品ビルが帰ってきた!ニール・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオ人気シリーズ『クッキング・ウィズ・ビル(原題:COOKING WITH BILL)』

 

ホラー映画スカンジナビアの森に潜むカルト集団の恐怖、デヴィッド・ブルックナー監督『ザ・リチュアル(原題:THE RITUAL)』

 

ホラー映画南大西洋の孤島に隠された秘密、ザヴィエ・ジャン監督『コールド・スキン(原題:COLD SKIN)』

 

短編映画暇を持て余した神の遊び、ニール・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオ最新作『ゴッド:セレンゲティ(原題:God: Serengeti)』

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro