ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

『バタリアン』で葬儀屋アーニーを演じていたドン・カルファ、誕生日の2日前に76歳で死去。

古い思い出に残る映画に出演していた俳優、特に際立って印象的な役柄を演じていた人物がこの世を去ったと聞くと、なにか心に小さな穴が空いたような気分になる。

 

何かそれは、例えば家族のような身近な人間の死とは、別なもののように感じる。

 

ダン・オバノンの監督した映画『バタリアン』(The Return of the Living Dead)で、葬儀屋のアーニー・カルテンブルンナー(Ernie Kaltenbrunner)役を演じていたドン・カルファ(Don Calfa)が、2016年12月1日、カリフォルニア州パームスプリングスの自宅で、彼の77歳の誕生日の2日前にあの世に旅立ったと聞いた。

 

Don Calfa

 

彼はTVや映画で40年以上のもキャリアを持つ俳優だったが、元々は美術の世界を志していたという。

 

バタリアン』の劇中では、ヘッドフォンで音楽を聞きながらパイプを咥えて死体を処理しているシーンが実に印象的だった。

 

ちなみにあの時は何を聴いているのかと言えば、ジョン・レノンのアルバム『マインド・ゲームス』(Mind Games)だそうである。

 

当たり前のことだけれど、こうやってかつてぼくたちに夢を与えてくれた俳優たちが、知らない間に次々とこの世を去っていってしまう

 

そして、当たり前のことだとわかっていても、やはり心には小さな穴が空くのである。

 

さようなら、ドン・カルファ、またいつかどこかで。

 

最後に、『バタリアン』の予告編を。

 

 

 

 

ネクロノミカン [DVD]

ネクロノミカン [DVD]

 

 

注目記事荒廃した架空未来のトレジャーハンター『X-STORY』、ロシアのアーティストが描くクールなアニメーション。

注目記事: 小島秀夫の『デス・ストランディング』最新映像、ギレルモ・デル・トロ、そしてマッツ・ミケルセンが登場。

注目記事これが本当のゴーストバスターズ!?Netflix最新作『スペクトル』はSFホラーな戦争映画。

注目記事: 映画のワンシーンを日常の風景に合成する、ポップカルチャーな写真アートのすゝめ。

注目記事恐怖の美女ミイラ復活、トム・クルーズ主演の最新ミイラ映画『The Mummy』の予告編が公開。

注目記事短編映画『The Procedure』の、本当にコワい恐怖の手順。

 

 

月白貉