読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

短編映画『The Procedure』の、本当にコワい恐怖の手順。

映画

世の中には意味不明なことが多い。

 

意味不明なものは意味不明のままで十分、何かに対してその意味や、あるいは理由をいちいちあげていたらキリがないし、理由や意味がなくたって世界は回っている。

 

それなのに人間は必ずそこに意味を付加したがり、理由を見出したがる。意味や理由がないと不安であり、恐怖なのかもしれない。

 

だからもし意味や理由がどうしても必要なら、自分の想像力で勝手に創り上げてしまえばいい。それなら少し安心できるだろうし、本来はそれこそ真の意味や理由なのかもしれない。

 

映画に関しても同じようなことが言える。

 

映画作品で描かれているほんとうの意味や、その表現の理由なんてものは観る側が想像して楽しむものだと思う。感じ方は人それぞれ、監督の意図したことは意図したことで、それは監督自身の意味であり、観る側の意味ではない。

 

時々映画を評論して、「あの作品の真の意味はこうだ!」などと偉そうに叫んで、さらにはそれを誰かにも無理に押し付けている人を見かけるが、あれほどバカげたことはない。それは個々が決めればいいことであり、個々で考えればいいことなのである。

 

デヴィッド・リンチが『マルホランド・ドライブ』を撮った後に、日本人のインタビュアーがリンチに対して、「この映画はいったい何が言いたかったんですか?」というバカな質問をした時、リンチはあきらかに「はっ!?」という苛立った顔をしてタバコを吸い出し、少しキレながら、「それは観る人が考えればいい。」と言っていた映像を観たことがある。その通りだと思った。

 

というわけで、そこに意味があるとか理由がなんだとかいうこと抜きにして観るにふさわしい短編映画を見つけたので、取り上げてみる。

 

前置きにも書いたように、なんの説明もいらないと思うので、もし興味のある方はご覧いただきたい。ジャンルは、ちょっとホラーかもしれない。

 

The Procedure

image source : calvin reeder on Vimeo

 

カルビン・リーダー(Calvin Reeder)の監督による『The Procedure』である、日本語の意味は「手順」とか「手続き」とかかな。

 

では、ごゆっくりどうぞ。

 

 

 

 

注目記事: パラノーマルなニオイの謎と、本当は恐いパラノイア臭の関係性。

注目記事『ツイン・ピークス』の登場人物が、レゴのミニフィギュアで発売!

注目記事クローゼットにはヒトオトシサマがいる、本当は恐い忘れられたフォークロア。

注目記事ホラー映画史上最も恐ろしいシーンは、『エクソシスト3』のシザー尼僧のアレである。

注目日記風呂場から聞こえる不可思議な音が、本当は恐いヤミゴラの入り口な可能性。 

注目日記: 空間の温度変化で、そこに何かがいることを知る。

 

 

月白貉