ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

さようならキャリー・フィッシャー、そしてありがとう。

現地時間の2016年12月27日、午前8時55分、アメリカの女優であり脚本家でもあったキャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)がこの世を去ったと聞いた。

 

Carrie Fisher

image source : Star Wars - YouTube

 

ロンドンで行われた自身の著作『The Princess Diarist』のプロモーションを終え、ロンドンからロサンゼルスへ帰るためのフライト中に機内で心停止した後、そのまま死亡したと伝えられているそうである、60歳だった。

 

ちょうど去年、『スター・ウォーズ』の最新作、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(Star Wars: The Force Awakens)でレイア・オーガナ役としてスクリーンに戻ってきた彼女、今後の『スター・ウォーズ』続編での活躍も期待されていたこの時に逝ってしまったことは、やはり長年の『スター・ウォーズ』ファンとしては、非常に残念でならない。

 

まあぼくはどちらかと言えば、レイア役よりも『ブルース・ブラザーズ』(The Blues Brothers)でのジェイクの元婚約者役のほうが印象深くはあったが。

 

いずれにせよ、永遠に生きながらえる人はいない、皆同じようにいずれ死んでしまう。死後、人がどんなふうな道筋を辿るのかは知らないが、もしかしたらまた再び何処かで、違う形で彼女の姿を目にすることがあるかもしれない。

 

では、その時まで。

 

『フォースの覚醒』でのレイア役、なかなかカッコよかったよ、ありがとう、キャリー・フィッシャー、そしてさようなら、いつかまたどこかで。

 

彼女の最後の出演作となった、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の予告編をどうぞ。

 

追記、『スター・ウォーズ: エピソード8』(Star Wars: Episode VIII)の撮影はすでに済ませていたみたい、じゃあそれが最後だね。きゃとらにさんに教えていただきました。

 

 

 

 

The Princess Diarist

The Princess Diarist

 

 

映画: 年末年始も、サウロンの目がおまえを見ているぞ!『Eye of Sauron Yule Log Five Hours』

映画『スター・ウォーズ vs エイリアンズ』、銀河帝国軍とゼノモーフたちの戦いを描いた迫力のファンアート。

映画メリークリスマス、遂に公開された『エイリアン: コヴナント』の予告編!

映画リドリー・スコットの『エイリアン: コヴナント』、遂に予告編が明日公開!という予告編のティザーが公開。

映画: クリスマス・イヴはファミコンで『ホーム・アローン』、ノーウッド・チーク監督による8ビット・シネマ最新作。

映画ダークサイドなクリスマス!祖父ダース・ベイダーと孫カイロ・レンが過ごす素敵な時間、『Darth Santa STRIKES BACK!』。

アートジェイソン・ボーヒーズに、『13日の金曜日 PART3D』Tシャツを着せてみた。

映画: W・アンダーソンの新作『犬ヶ島』(Isle of Dogs)に、あなたも出演できるかも。

 

 

月白貉