ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

ニール・ブロムカンプ監督による最新作、爬虫類型異星人の地球侵略を描く『オーツ:ボリューム1』の予告編が解禁。

第9地区』(District 9)、『エリジウム』(Elysium)、そして『チャッピー』(Chappie)などで知られる南アフリカ共和国出身の映画監督ニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp)。

 

 

彼は自身の最新作として、『エイリアン』(Alienフランチャイズの新作、ジェームズ・キャメロン(James Francis Cameron)監督の『エイリアン2』(Aliens)の後日譚を描くとされた『エイリアン5』(Alien 5)を手掛ける予定だったのだが、先日その製作が一旦中止されたことが発表されて話題を呼んだことが記憶に新しい。

 

この文章を書いている2017年5月30日現在、米国で絶賛公開中のリドリー・スコット(Sir Ridley Scott)監督による『エイリアン:コヴェナント』(Alien: Covenant)とはまた別軸の『エイリアン』フランチャイズ作品として話題を集めていた『エイリアン5』だっただけに、その製作中止発表にずいぶんガックリと肩を落とした『エイリアン』愛好家も多いはずである。

 

The Art and Making of Alien: Covenant

The Art and Making of Alien: Covenant

 
エイリアン2 [Blu-ray]
 

  

そんなブロムカンプ監督の新たなプロジェクトが明らかとなっているので、今回はその話題を取り上げてみたい。

 

そのプロジェクトとは、どうやら短編SFシリーズになるようであり、彼の率いる「Oats Studios(オーツ・スタジオ)」による『ボリューム1(原題:Volume 1)』、あるいは『オーツ:ボリューム1(原題:Oats: Volume 1)』と呼ばれる作品のようなのだが、現時点では多くのことが謎に包まれている。

 

しかしその片鱗が姿を現しつつある。

 

まずは先日公開された同スタジオによるプロジェクトのティザー映像をご覧いただきたい。

 

 

本作品はジャンルで言うならば、「地球外知的生命体地球侵略型」のSF作品になるようであり、作品内に登場するトカゲのような爬虫類型地球外知的生命体のヴィジュアルも明らかとなっている。

 

 

 

 

そして公開に関しては今後数ヶ月以内にストリーム配信がなされる予定だと言われている本作品から、遂に公式の予告編像が公開されたので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。注目すべきは、なんと映像中に、前述の『エイリアン』には欠かすことの出来ないあの女優が登場していることである。

 

 

 

 

 

海外テレビシリーズ『ツイン・ピークス THE RETURN』鑑賞前の注意事項、観る前に決して事前情報を入手してはいけない。

海外テレビシリーズロバート・ゼメキスによる“UFO”ドラマ『ブルー・ブック(原題:BLUE BOOK)』の製作が決定!

ホラー映画日本旅行にやって来たアメリカ人観光客を襲う“お寺”の恐怖、マイケル・バレット監督の『ザ・テンプル(原題:THE TEMPLE)』。

ホラー映画: ルチアーノ・オネッティ監督最新作、南米アルゼンチンの廃墟に巣食う恐怖を描いた『ロス・オルビダドス/ホワット・ザ・ウォーターズ・レフト・ビハインド』。

海外テレビシリーズ遂に『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7の予告編映像が公開、本編は2017年7月16日より放送開始!

海外テレビシリーズ: ギレルモ・デル・トロ製作『ストレイン』最終シーズンが遂に2017年7月放送開始、最新の予告編映像も公開!

短編SF映画『エイリアン』を彷彿とさせる短編SF作品、ジェロニモ・ロッチャ監督の『ダイダロス(原題:DEDALO)』。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro