ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

日本旅行にやって来たアメリカ人観光客を襲う“お寺”の恐怖、マイケル・バレット監督の『ザ・テンプル(原題:THE TEMPLE)』。

近年日本で製作されている怪奇映画、いわゆるホラー映画のことを日本人自らが“ジャパニーズホラー”などと称して扱っているけれど、よくよく考えると自国のホラー映画に対してわざわざジャパニーズなんて付ける必要があるのだろうか?

 

もちろん日本特有の表現や雰囲気を持つ日本製ホラー映画をそう呼びたいのだろうけれど、いちいちホラー映画の頭に国の名前なんか付け出したらキリがない。アメリカンホラーとかチャイニーズホラーとかコリアンホラーとかインドネシアンホラーだって当然あるだろうし、その国によって特有の個性を持っているはずである。でも他国のホラー映画には国名は付けないのに、なぜか自国のホラー映画にわざわざジャパニーズなんて、しかも英語を付けて呼ぶ必要などないだろうと、あれはあくまで外国人目線での日本製ホラー映画に対して、外国人が用いるべき言葉ではないのか?というくだらない思いが、先ほどふと頭に浮かんだのである。

 

なぜか日本人は自国のアピールに対して、“日本”という日本語を使わずに“ジャパン”とか“ジャパニーズ”とかいう英語を使いたがる傾向があるように思われる。ジャパニメーションとか侍ジャパンとか、よく考えると意味不明である。

 

なぜそんなことを思い浮かべたかというと、とある新作ホラー映画の予告編を観たからであるが、今回はその作品を取り上げてみたい。

 

マイケル・バレット(Michael Barrett)監督による『ザ・テンプル(原題:The Temple)』という作品である。

 

The Temple

image source : TEMPLE TRAILER

 

本作品に関してはまだあまり多くの情報は公開されていないようであるが、物語は日本旅行にやってきたアメリカ人観光客が、日本の古い寺院で恐ろしい目に遭うというものらしい。日本の古寺で恐ろしいと言えば、心霊的なことか、あるいは妖怪的なことであろう。

 

アメリカのホラー映画でも幽霊、英語で言うとゴーストを扱ったホラー映画は多いが、日本人目線で観るアメリカのゴースト映画と、アメリカ人目線で観る自国のゴースト映画というのは、体感的にはずいぶん違うものに感じるのではないだろうか。それは日本人目線で観る自国の心霊系映画と、アメリカ人目線で見る日本の心霊系映画のそれにも同じようなことが言えると思う。

 

日本人が見て感じている色と、アメリカ人が見て感じている色は、同じ色でも実際には違うものに見えているという話がある。広告などにおける色味の個性は、そういうことが根底にあるのだろう。だからホラー映画に対しても同じようなことが言えるはずで、もちろん見えている色が違うことに加えて、カルチャー的なものも大いに影響を及ぼすはずである。

 

だから西洋人が日本のホラー映画に対して異常な恐怖心を抱くのは、自分たちの生活には含まれてない、まったく意味不明な恐怖の要素が多分に描かれているからなのだと思う。その異質な恐怖を込めて、西洋人が日本の怪奇映画を“ジャパニーズホラー”と呼ぶのであれば話はわかる。

 

というわけで話を戻して、本作品の出演者を軽くご紹介しておこう。

 

公開されている情報が少ないので3人だけだが、まずクリストファー役のローガン・ハフマン(Logan Huffman)。

 

 

ジェームズ役のブランドン・タイラー・スクレナー(Brandon Tyler Sklenar)。

 

 

そして、ケイト役のナタリア・ワーナー(Natalia Warner)である。

 

 

本作品は2017年9月1日に、米国での劇場と同時にVODにて公開が予定されているとのことである。

 

それでは最後に、本作品の予告編映像をぜひご覧いただきたい。舞台は完全に日本であり、日米共同製作のようで日本人も登場しているが、なんだかちょっと奇妙な雰囲気が漂っている。

 

 

 

 

 

ホラー映画: ルチアーノ・オネッティ監督最新作、南米アルゼンチンの廃墟に巣食う恐怖を描いた『ロス・オルビダドス/ホワット・ザ・ウォーターズ・レフト・ビハインド』。

海外テレビシリーズ遂に『ゲーム・オブ・スローンズ』シーズン7の予告編映像が公開、本編は2017年7月16日より放送開始!

海外テレビシリーズ: ギレルモ・デル・トロ製作『ストレイン』最終シーズンが遂に2017年7月放送開始、最新の予告編映像も公開!

短編SF映画『エイリアン』を彷彿とさせる短編SF作品、ジェロニモ・ロッチャ監督の『ダイダロス(原題:DEDALO)』。

ホラー映画シルヴァン・ホワイト監督『スレンダーマン』のキャストが発表、ジョーイ・キングとかジュリア・ゴルダニ・テレスとか。

海外テレビシリーズ『ツイン・ピークス The Return』の新たなティザー映像公開!日本ではまだ観られないけれど今日はドーナツ買いに行くぞ。

海外テレビシリーズ『ツイン・ピークス THE RETURN』が米国で遂に放送開始、衝撃のオープニング映像が解禁される。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro