ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

5人の警官が目にした地獄の入り口、キャン・エヴレノール監督『バスキン(原題:Baskin)』

そろそろ2017年夏本番、皆さんはもう夏らしいことを経験したであろうか?

 

すでに海開きされた海水浴場に行った際に、海の中で何かに足を引っ張られて溺れかけて、必死で浜にたどり着いたら足に大量の髪の毛が絡まっていたとか、山中の沢沿いにテントを張ってキャンプをしていたら、参加していたメンバーのひとりが翌朝血だらけのシャツだけを残して忽然と姿を消していたとか、そういったことが起こり始めると、いよいよ夏だなあと、しみじみ感じるものである。

 

夏に怖い話をするのは一般的にはゾッとして涼しくなるからだと言われることがあるが、個人的には化け物が湧き出しやすい季節、いわば旬だからだろうと思っている。夏頃になると色々な生物が大いに湧き出すのと同じように、その手の化け物じみたものも湧き出す時期だから、必然として話題も増えるのではないだろうか。冬場にゴキブリの話題は乏しいが、夏場になると世間話の八割ほどはゴキブリの話題になるのと同じ理屈である。

 

というわけで今回は、夏のはじめにとっておきの怖い短編ホラー作品を取り上げてみたい。

 

キャン・エヴレノール(Can Evrenol)監督による『バスキン(原題:Baskin)』である。

 

 

本作品はホラー映画の細分化ジャンルで言うと、「悪魔映画」に分類されるものであるが、悪魔映画とひとことに言っても様々なので更に細かく分けると、悪魔崇拝あるいはサタニズムをテーマとした作品となっている。ただこのサタニズムに関しても色々で、有名なサタニズム組織である「悪魔教会(Church of Satan)」は、悪魔、つまりサタンが実際に存在するとはしておらず、宇宙を超越した何らかの力の代称としてサタンという名称を掲げている、自己中心的な世界観の構築を目指す組織なのである。

 

しかし一方で、いわゆるカルトと呼ばれるものの中には邪悪な思想を持つ団体も存在しており、暗黒の時代の産物として名高い異端審問で、ローマ教会による迫害対象とされていた「魔女」あるいは「悪魔崇拝者」が行うと言われていたような禍々しい儀式を現在でも実践している人々もいるようである。ただ当時迫害されていた魔女という存在の多くはとばっちりを受けた単なる一般人であったと言われており、話によると15世紀末から18世紀初頭にかけて処刑された魔女の数は900万人にものぼるとされている。その多くが何の罪もない人々だったというところこそが、異端審問の悪名高い謂れである。

 

悪魔とか魔女の話をしだすとキリがないので本題に戻ろう。

 

本作品の物語は、とある事件現場に駆け付けた警官たちが直面する恐怖を描いている。

 

2017年に入ってから個人的に鑑賞したホラー作品の中でも、群を抜いて素晴らしい(怖ろしい)作品である。まあこんなことを言って期待値を上げすぎても鑑賞の楽しみが削がれてしまうかも知れないので、好みは人によるからね、と付け加えておこう。

 

更に本作品に惹かれたもうひとつの理由は、登場するキャラクターの限定アクション・フィギュアがリリースされていることである。2013年の作品なので商品はすでに完売している様子だが、かつて玩具蒐集癖という重病を患っていたぼくとしては注目すべきポイントである。造形も玩具らしくてなかなかよろしい。

 

 

というわけで最後に、もちろん本編動画を取り上げておくので、2017年夏の思い出の一幕にしていただきたい。ちなみに本作品はトルコとアメリカの共同製作によるもので、作中の言語はトルコ語となっているが英語字幕は付けられている。残念ながら日本語字幕はないが、優れた作品は言語を必要としないので、まったく無問題である。

 

補足として、これは偶然かも知れないが、1回目の本編鑑賞中にパソコンが原因不明のクラッシュを起こし、奇声を上げてシャットダウンした。もしかしたら皆さんも同じ経験をするかもしれないので、それも含めて存分にお楽しみいただきたい。

 

 

 

 

魔女狩り (岩波新書)

魔女狩り (岩波新書)

 
悪魔学大全

悪魔学大全

 

 

ホラー映画『カルト・オブ・チャッキー(原題:Cult of Chucky)』の予告編第1弾が遂に公開!

 

ホラー映画北極海の海底から響く音の謎、ラヴクラフト世界にインスパイアされた短編ホラー『サウンド・フロム・ザ・ディープ(原題:SOUND FROM THE DEEP)』

 

ホラー映画実在する“モンスター”を公募してインタビューを行ったモキュメンタリー・ホラー、ビクター・マシュー監督『ザ・モンスター・プロジェクト(原題:THE MONSTER PROJECT)』

 

ホラー映画『13日の金曜日』愛好家もVHS愛好家も必見、2017年のホラー映画Tシャツはこれで決まりだ!

 

SF映画戦時下のベトナムに出現した新たな敵、ニール・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオが放つ短編SF作品『ファイアベース(原題:Firebase)』

 

ホラー映画キツネに魅せられた女性の狂気、ロルカン・フィネガン監督『フォックスイズ(原題:FOXES)』

 

SF映画N・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオ第3弾、ベトナム戦争をテーマにしたSF作品『ファイアベース(原題:FIREBASE)』

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro