ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

ジョン・カーペンター作曲、『Utopian Facade』の世界がデモニックなSFとして映像化!!!

もはや伝説と化している映画界の鬼才であり、サウンドトラックなどの作曲家としても知られるジョン・カーペンター

 

彼のNEWアルバム『Lost Themes II』から、11曲目のトラックである『Utopian Facade』(ユートピアファサード)のミュージック・ビデオが公開された。

 

ジョン・カーペンター作曲、『Utopian Facade』の世界がデモニックなSFとして映像化!!!

 

ちなみに正確な綴りは『Utopian Façade』のようであるが。「ユートピアの入り口」、あるいは「見せかけのユートピア」という意味だろうか。

 

このミュージック・ビデオ自体の監督はジョン・カーペンターではなく、ギャビン・ハイナイト(Gavin Hignight )とベン・フェルフスト(Ben Verhulst)によるもので、しかしながらもちろん、ジョン・カーペンター自身の作風や、その他のクールなサイエンス・フィクションなどからのインスピレーションを受けて制作しているとのことである。

 

作品内には、不気味な魅力を秘めたアンドロイドの女性が登場するのだが、見ようによってはやや悪魔的なものにも見える。このあたりもまさにジョン・カーペンターっぽくて観ていてゾクゾクする。ちなみに、このアンドロイド役はエリカ・エンジェル(Erika Angel)という女性が演じているそうだが、ぼくは彼女の詳細についてはまったく知らないので、あしからず。

 

ジョン・カーペンター作曲、『Utopian Facade』の世界がデモニックなSFとして映像化!!!

Sacred Bones Records - YouTube

 

ぼくはひとまず三回観たが、ゾクゾクゾクと鳥肌が立ち、二度目まではヨダレが出て気絶し、三度目には鼻血を噴き出したことは、もちろん言うまでもない。 もちろん映像もさることながら、やはりジョン・カーペンターの曲の魅力に引き込まれる。

 

まあ、ぼくがゴチャゴチャ説明しても仕方ないので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。

 

 

いかがだっただろうか、カッコよいでしょ。

 

そして、もちろん大いにお気付きの方もいるだろうが、最後に出てくるのは、当然、あの人である。

 

ちなみに10月からはUKツアーも開始されるよ!

 

 

Europe! You're next! Tickets on sale now. #johncarpenterretrospectivetour #johncarpenter #ontheroadagain

John Carpenter (Official)さん(@johncarpenterofficial)が投稿した写真 -

 

ジャパン・ツアーはないのか、ジョン、ジャパン・ツアーはっ! 

 

ちなみに、ジョン・カーペンターにはオフィシャル・サイトもあるし、FacebookTwitterInstagramもやっている、バリバリだな、すげえなあ。

 

LOST THEMES II

LOST THEMES II

 
Lost Themes

Lost Themes

 

 

 

 

 

月白貉