ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

黒猫ハート

黒猫は言った。

 

「だってきちんと、いいたいことは、ぜんぶはっきり云わなければ、損をするのは、きみなんだよ。」

 

雨上がりのアスファルトは、トカゲの皮膚の様にうっすらと湿っていて、何かが焼けるような臭いを放っていた。そして、そのアスファルトの上を黒猫は、独り言のようにずっと何かをつぶやきながら、つむじ風のように走り去って行った。ぼくが聞き取れたのは、この部分だけ。

 

「だってきちんと、いいたいことは、ぜんぶはっきり云わなければ、損をするのは、きみなんだよ。」

 

黒猫は、いったい何の話をしていたのだろう。もしかしたら、走り去る黒猫の背中には、ぼくの目には見えない何かが乗っていて、そして黒猫は、その何かと話をしていたのだろうか。黒猫の背中に乗る、目に見えないもの。

 

あるいはそれは、「透明ネズミ」かもしれないとぼくはふと思った。

 

昔、よくぼくの祖父が話してくれた。

 

家の裏にある土蔵の奥には、無数の透明ネズミたちが住み着いている。でも、決して土蔵の奥深くに入ってはいけないよ。なぜなら、透明ネズミたちは、ひどく危険なものたちだからね。透明ネズミは、人の心の悪い部分を増幅させる、怪しげな術をつかうのだよ。ほら、よくテレビのニュースや何かで、ひどいことをしでかした人たちが出てくるだろ。物を盗んだり、人を傷つけたり。ああいうのは、たいてい透明ネズミが関わっているんだよ。

 

その話をよく聞かされていたぼくは、けして家の裏の土蔵には近付かなかった。

 

人間は、どんな人だって、心に悪い部分をもっている。それはバランスが必要だからだよ。祖父は言っていた。「良いとか悪いとかは、使い方の問題なんだよ。よく覚えておきなさい。どっちも同じものなんだ。色や形や匂いは違うかもしれないけど、どっちも同じもんなんだよ。」「おなじなんだね。」「そう、同じなんだ。それをいちばんよく知っているのが、黒猫だよ。」

 

黒猫は、透明ネズミに対抗できる、唯一の生き物だと、祖父はその時教えてくれた。

 

黒猫ハート

 

 

 

 

月白貉