ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

新宿ゲームセンター

ぼくが27歳のとき、ぼくを導いてくれた人がいた。

 

いまではもう親交はないけれど、その人からずいぶんといろんなことを学んだ。

 

ぼくがいったいどんな力を持っていて、 その力がどのくらい素晴らしいものかということを教えてくれた。 いまだにぼくは、その自分の力を活かしきれてはいない。 本当に自分がそんな力を持っているのかどうか、 あの頃からいまだに悩み続けている。 もしかしたら、悩み続けたまま死ぬのかもしれない。

 

あれからずいぶんと時がたった今、 ある青年と交わした言葉から、 あの頃の記憶がよみがえった。

 

その夜頭が真っ白になり、ひどい悪夢を見た。

 

二人組の若い女の子に色仕掛けをされ、 短パンのポケットに入った財布を盗まれ、 慌てて警察に届けにいくのだが、 警察署には頭のおかしな婦警しかおらず、 いっこうに手続きが進まない。

 

その後ひとりの女の子を捜し出し、 財布に入っていたキャッシュカードだけ取り返すものの、 主犯のもうひとりの行方がわからない。 仕方なく自らキャッシュカードの残高を調べに最寄りの銀行に向かうが、 銀行のATMコーナーの機械がすべてアーケードゲームになっていて、 残高を調べる術がない。 銀行の外に出るともう夜も更けて、 ゲームセンターと化した銀行の看板のネオンだけが、 ビカビカと輝いていて、途方に暮れる。

 

言葉にすると楽しそうな夢だが、 ずいぶんな悪夢だった。

 

新宿ゲームセンター

 

お題「最近見た夢」

 

 

 

 

月白貉