ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

東京都のUFO事情

東京都では2012年から、アメリカ、旧ソ連、アルゼンチンに次いで第四番目に異星人の受け入れを行っている。

 

しかし、日本国民及びに東京都民には、その事実は公表されてはいない。

 

現在、東京都では46の惑星からの異星人、約十二万個体の受け入れおよび管理を行っていて、実際に東京都下において異星人が生活しているが、国民の混乱を配慮して小型宇宙船ならびにその母船などに関しては、光学的な迷彩措置が施されて運航している。

 

また各惑星の異星人に関しても、地球上に見られる人類とは異なった容姿をしているため、NASAで開発されているカモフラージュ仕様の特殊スーツを着用しての生活を強いられている。

 

- XAP通信東京支局「シークレットEDOF」紙の記事より抜粋 -

 

東京都のUFO事情

 

 

 

宇宙人東京に現わる [DVD]

宇宙人東京に現わる [DVD]

 
写真でみる空飛ぶ円盤・宇宙人200集 (1975年)

写真でみる空飛ぶ円盤・宇宙人200集 (1975年)

 
写真でみる空飛ぶ円盤200集 (1974年)

写真でみる空飛ぶ円盤200集 (1974年)

 

 

月白貉