ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

月に眠るオランウータン

赤い色をしたジュースを飲み干して、 きみにたずねるのです。

 

「なんで笑ってるの?」

 

「グラスの底にキノコが生えているから。」と、きみはクスクス笑うのです。

 

月に眠るオランウータン

 

閉店の時刻を過ぎても、 店主は何も言いません。 ぼくはグラスの底を見つめ、 きみはクスクスと笑い、 店主は言葉なく待つのです。

 

店の隅においてあるラジオからニュースが流れます。

 

「輸送中のオランウータンが、 逃走しました。 近隣の住民はじゅうぶん注意してください。 オランウータンは軽々と人間の首をへし折る腕力を持っています。」

 

屋根のないその店からは、 月が煌々と光っているのが見えるのです。

 

オランウータンも同じ月を見ているはずです。

 

そして、オランウータンもいずれ眠りにつくでしょう。

 

 

 

フォークマニス オランウータン ハンドパペット 並行輸入品

フォークマニス オランウータン ハンドパペット 並行輸入品

 

 

 

 

月白貉