ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

シロ

ぼくの家にはシロという犬がいる。

 

シロ

 

からだの色は、白くない。

 

白くないわけではないけれど、からだの色は白と、茶色と、黒。

 

「シロチャクロとか、チャクロシロとか、クロシロチャじゃ、 なんだかいやでしょ。」

 

そいうってぼくの母がシロという名前を犬にあげた。

 

「犬がはじめてここにやってきた日にだっこしたらね、 からだがぽわぽわ白くひかるわけよ。 こういうふうにケセランパセランみたいにひかるわけ。 」

 

そういって母は両腕をゆらゆらと揺らしてひかった。

 

「でね、手を離すとさ、この犬、ぽわっと浮かんで空へ飛んでくわけよ。 こういうふうにケセランパセランみたいにさ、飛んでくわけ。」

 

そういって母はもっと両腕をゆらゆらと揺らして、空へ飛んでった。

 

しばらくして、空からぽわぽわ降りてきた母は、

 

「だからシロにしたの。」

 

といった。 そいうい経緯で犬はシロになった。

 

 

 

 

 

月白貉