読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

お家でスター・ウォーズを再現してみよう! 【基礎編 パート2】 - 『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(Star Wars : The Force Awakens) -

さて、パート1から引き続いての「お家でスター・ウォーズを再現してみよう!」の話を続けたい。

 

パート1をまだ未読の方は、まあ読まなくてもいいけれど、もし暇と時間を持て余しているのであれば、以下からお読みいただけると幸いである。

 

 

前回は、「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のワンシーンを映像で再現出来るかどうかやってみようと思い立って、その準備段階をお話ししたわけである。

 

再現を試みるのは、カイロ・レンとレイがライトセーバーで戦うクライマックスのシーン。映画を鑑賞済みの方はもちろんご存知だと思うのだが、二人が戦っているのは屋外なので、当初は近所の雑木林にビデオカメラや小道具なんかを持って撮影に向かったわけである。もちろん綿密に絵コンテなんかも描いていった。真剣に絵コンテなんか描くのはもう十数年ぶりかもしれない・・・。

 

 

その日の天気予報は午後から雨、しかし出掛けたのは午前中だったので、まあそんなに長い時間の撮影をするわけではないから大丈夫だろうと意気込んで、さっそくクランクインしたわけであるが、最初のカットを撮り始めたらすぐに雨が降ってきてしまった。

 

実際の映画のシーンは雪の積もる薄暗い森の中なので、意外と雨の中で撮影したら雰囲気が出てよいかもなあとも思ったが、カメラが濡れて壊れてしまっても事だし、登場人物のお面やライトセーバーの刃の部分は何せ紙で作ってあるので・・・雨降る中を荷物を担いでそそくさと走って家まで帰ってきた。

 

せっかくやる気満々だったのに雨の馬鹿野郎が・・・と雨を呪う言葉を吐いたが、雨が止む様子は一向にない。

 

ずいぶん張り切っていろいろと準備したので、どうにも気持ちがおさまらず、仕方がないのでテストがてら室内でやってみようということになったのである。

 

というわけで、制作した動画のタイトルは「Kylo Ren vs Rey Scene in the room」とあいなったわけである。

 

 「in the room」なんて付けると、どこぞのオシャレな輸入家具のお店みたいだが、雨が降っているから部屋で作らざるをえないのだよ・・・という残念な事情ゆえなのである。さらにはぼくの今住んでいる部屋はスター・ウォーズのクライマックスシーンが撮影できるほどの広さはもちろん有していない。部屋の端に置いたカメラから反対側の端にいる人物の全身を撮るのがギリギリやっとなくらいである。

 

そしてなにより天井が低いため、ライトセーバーを振り回すと、照明器具にぶつかったり、それこそ天井にぶち当たって紙製のライトセーバーの刃が折れてしまったりするわけである。

 

そのため動作や立ち回りもずいぶん遠慮気味なものになってしまった。さらにはライトセーバーの打ち合いをしながら長距離を走り回ることなどまず無理なので、当初想定していたシーンすべてを撮影することは叶わなかった。

 

ただ、そのぎこちないアクションとボール紙製のお面の雰囲気が絶妙にマッチして、かえって不思議な雰囲気の映像になっているところが、ぼく個人としてはけっこう満足のゆくものとなった。

 

まあそんなこんなで、狭苦しい部屋の中の規模で、テストがてらこじんまりと撮影してみた動画をパソコンに取り込み、LSMakerやiMovie、その他諸々のソフトなどを駆使して少々加工して出来上がったものを、今回の「基礎編」の完成形としている。

 

最終的にぶち当たった壁はやはりBGMの部分、つまり映画の中では背景にジョン・ウィリアムズの壮大な音楽が流れているのだが、それをどうしたらよいかという部分である。

 

その音源をどこぞよりそのまま無断でパクってくるのは容易いのだが、それはあまりよろしくないし、ぼくのポリシーに反するわけである。かといって、映画のシーンを再現するにあたってはBGMは非常に重要な要素となるわけで、外すわけにはいかない。

 

最初は、該当するシーンで流れている曲を口笛でを吹いてみたものを録音して映像に合わせてみたのだが、そもそも曲の音域が広すぎる上に、交響曲ばりのBGMを口笛で再現できるほどの力量を持ち合わせていなかったため、やるにはやってみたが結局は却下することにした。

 

で、どうしたかと言えば、最終的には映画とはまったく別の曲を使用するという手段を選んでみた。そのため厳密には映画のシーンの再現にはなっていないのだが、スター・ウォーズの世界観を再現はしていると思うので、そこはご容赦いただきたい。

 

この動画の完成までは、手順がすんなりといけば、おおよそ二日もあれば十分だと思う、フルパワーを出せば一日でもなんとかなると思う。

 

そして、完成させた達成感はもちろんだが、やはりお家でスター・ウォーズを再現することの醍醐味は、制作過程にあると、そう思うに至った。皆さんも是非、お休みの日を駆使してお家でスター・ウォーズの好きなシーンを再現してみてはいかがだろうか。

 

きっと充実した時間を過ごせるに違いないと、ぼくは確信している。

 

とまあそんなわけで、最後にこの「お家でスター・ウォーズを再現してみよう! 【基礎編】」で完成させた動画をご覧頂いて、次回に続きたいと思う。

 

フォースと共にあらんことを!

 

 

 

 

 

月白貉