読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

はてなブログの「絵を描く」機能を使って妖怪画を描いてみた - 「牛鬼」 -

はてなブログの編集サイドバーに「絵を描く」という機能があることには薄々感づいていたのだけれど、いままで一度も使ったことがなかった。 というわけで、満を持して使ってみることにした。 さて、何を描こうかと思ったのだが、やはり妖怪画であろう。 現在…

塗仏

きょうの妖怪画、「塗仏」である。 鳥山石燕の「画図百鬼夜行」にも描かれていたり、京極夏彦の作品のタイトルにもなっている非常に有名な妖怪だが、どの文献にも詳しい記述が残っていないらしく謎の多い妖怪でもある。ぼくはこのビジュアルがとても好きなの…

水虎

最近取り憑かれたように河童のことを調べているので、久しぶりに妖怪画を描いてみる。今日の妖怪画は「水虎」。 「水虎十二品之図」という江戸後期の資料の中に、亀のように頭を引っ込める水虎の図が描かれている。 また、鳥山石燕は水虎のことを以下のよう…