ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

いつかどこかの電報のように終わる日記、あるいは終わらない日々。

久しぶりに日記らしいものを書こう。

 

昨日の深夜、つまり今日の早朝、眠りにつく前にカーテンを開けると、ベランダを巨大な蛾が飛んでいた。ちょっとした鳥くらいの大きさの蛾だった。すぐにカーテンを閉めて眠りにつき、翌朝カーテンを開けると、窓ガラスに変な毛がびっちり付着していた。

 

蛾の毒毛かなあ、拭き取るのやだなあ、と思って放置。

 

いずれ風で洗い流されるだろうと願う。もし流されなかったら、コウモリの心臓と、ヤモリの目玉と、ゴマダラオオムカデと、コビトザルの小指と一緒に煮込んで、秘伝の毒を作ろう。

 

で、吹き矢の針の先に塗って、竹薮の陰から射る。嫌なやつを射る。死に至る毒だから、死ぬ、たぶん。この秘伝の毒、欲しい人は挙手してください。クール宅急便で送ります。

 

 

午後、ついさっき、書店で本を物色していると、ぼくの後ろで小学校低学年くらいの女の子とその父らしき人が、ポケモンの話をしているのが耳に入ってくる。

 

女の子が「ポケモンって人気だね。」と言うと、父が「そうだね、人気だね。」と答える。するとすかさず女の子は「なんでやねんっ!!なんで人気やねんっ!!!」となぜかよしもとのベテラン芸人ばりのツッコミを、父に入れる。

 

なかなかセンスのよいキレのある、そしてかつ理不尽なツッコミ、素人とは思えない。

 

不覚にも、ついうっかり笑ってしまう。

 

f:id:geppakumujina:20161013165156j:plain

 

気が付くと、日が暮れている。日課のジョギングに出かけようと思っていたら、今日はなんだかもう、面倒くさくなった。食事の支度もしなければいけないし、もう面倒くさくなった。

 

誰かぼくの代わりにジョギングに出てくれたらいいなあと思って、ちょっとだけ窓を開けてベランダを覗き込むと、数ヶ月前にベランダで死んでいたヤモリがカリカリのスーパークリスピーな干物になっているのを見つけた。

 

あれを今日のシチューに入れてみて、さらに窓の蛾の毒毛も入れてみて、押し入れにしまってある呪いの器で食事に添えたら、さぞ恐ろしかろうなあと思う。

 

食べたら死ぬだろうなあと思う、毒だから。

 

そんな風にして毎日毎日、誰かを憎んだり、毒を作ったり、思いがけず笑ったり、面倒くさくなったり、迂闊な行動をとったり、死を恐れたりしている内に、一日が終わってゆく。

 

いつかそんな、ぼくのいろんなことが無に帰して、ぼくのなにもなくなる日まで、たぶんそんな日々が続いてゆくんだろう。

 

人生で何度目かの日記を、唐突に終わる。

 

レンラクコウ シチコクヤマ

 

 

 

月白貉