読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

あの名作ゲーム『悪魔城ドラキュラ』がNETFLIX限定でアニメになって蘇る、タイトルは『キャッスルヴァニア』だけどね。

ここ数年はめっきり“テレビゲーム”などというものをやらなくなってしまったが、ファミコン全盛期を駆け抜けたぼくにとってのゲームといえば、やはりあの8ビットの時代に勝るものはないと、いまでも時々懐かしく思い出す。 というわけで、今回はちょっとゲー…

ジョイスティックが十字架だぜ、“怒りの日”をテーマにした終末的アーケードゲーム『DIES IRAE』。

キリスト教における終末思想に“怒りの日”と呼ばれるものがある。 英語表記だと「DAY OF WRATH」だが、基本的にはラテン語で「DIES IRAE」(ディエス・イレ)と表記されるみたい。 じゃあ怒りの日ってどんな日なの?ということだが、簡単に言えば世界の終末、…

RPGで職業選ぶなら何?っていうアニメーション『THE VOCATION』、騎士とか魔法使いとか・・・それとも。

幼い頃にファミコン全盛期を走り抜けたぼくにとって、やっぱりあの当時のゲームのグラフィックとか音楽とか、混沌とした自由度みたいなものが強く頭に焼き付いている。 その後ゲームは時代とともに大きな変貌を遂げて、そのグラフィックもシステムもあの当時…

小島秀夫の『デス・ストランディング』最新映像、ギレルモ・デル・トロ、そしてマッツ・ミケルセンが登場。

『メタルギアソリッドV』(METAL GEAR SOLID V)をコナミでの最後の作品として同企業を去った小島秀夫による新作ゲーム、PS4タイトルである『デス・ストランディング』 (Death Stranding)。 これは彼が立ち上げた新会社「コジマプロダクション」として初めて…

本当はクッパ城よりも恐い、『スーパーマリオブラザース』の穴の下。

いまでも、あの『スーパーマリオブラザース』発売当時の衝撃は覚えている。 ぼくはまだ幼く、ファミコンは持っていたが、年に一度か二度の特別な日以外にファミコンのソフトを買ってもらうことなどもちろんなく、自分でも当然買えなかったので、『スーパーマ…

『ポケモンGO』ハロウィン期間限定仕様、でも大したことない気がする。

もうほとんどやってる人を見かけなくなった「Pokémon GO」(ポケモンGO)だけれど、またちょっとやる人を増やそうとして、イベントをぶっこんでくるらしい。 トリック・オア・トリート、ポケモンGOハロウィン大作戦、『Halloween Treats in Pokémon GO』であ…

『マインクラフト』を現実的に体感できる、『リアリスティック・マインクラフト』の世界。

もう数ヶ月前のことになるけれど、ずいぶんと遅ればせながら『マインクラフト』(Minecraft)をAmazon.co.jpにて購入して、遊んでみた。 もちろん、家には、29,980円になったけれど、税込みだから結局30,000超えのPS4はないので、我が家の主であるPS3版を買…

ポケモンGO新機能アップデート、リアルなポケモン捕獲機能の傾向と対策。

『ポケモンGO』(Pokémon GO)の旋風が巻き起こってからしばらく経つけれど、みなさんはまだ街でポケモンをGETし続けているのだろうか。 ぱっと見た限りだと、もうほとんど、街でポケモン狩りをしている人々をとんと見かけなくなったように思うのだけれど。 …