ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

衝撃的にクレイジーな軍事兵器、ニール・ブロムカンプ監督短編作品『カプチャー:フルーク(原題:KAPTURE: FLUKE)』

ニール・ブロムカンプ(Neill Blomkamp)監督の率いるオーツ・スタジオ(Oats Studios)から再び新たな短編作品が公開された。

 

ボリューム1作品群として新たに公開された作品のタイトルは『カプチャー:フルーク(原題:Kapture: Fluke)』。

 

Oats Studios - Volume 1 - Kapture: Fluke

image source: Oats Studios - Volume 1 - Kapture: Fluke - YouTube

 

その内容だが、「カプチャー・テクノロジーズ(Kapture Technologies)」という企業が開発している「フルーク」という軍事用兵器の話である。

 

このフルークという言葉には様々な意味があるようだが、その中に“吸虫”という意味があり、本作品ではこの吸虫という意味が該当するのではないかと個人的には思っている。吸虫とは、ジストマ、二口虫とも言われる寄生虫の一種である。

 

そして本作品は、これまでの短編作品とは違い、登場人物がすべてモーションキャプチャーを駆使したCGIで表現されている。

 

というわけで、短い作品なので前置きはこれくらいにして、ぜひ本編をご覧いただきたい。なお、現在までに公開されている短編作品集“ボリューム1”に引き続き製作予定の“ボリューム2”を支える製作資金源となるのは、一般視聴者の支援並びに、ダウンロード版の売上金なので、もし今後もオーツ・スタジオ製作によるニール・ブロムカンプ監督作品が観たいよ!という方は、製作資金の支援やダウンロード版の購入を検討してみてはいかがだろうか。

 

詳細は以下をご覧いただきたい。

 

Oats Studios

Oats Studios - Volume 1 Assets on Steam

 

では本編をどうぞ。 

 

 

 

 

 

映画チャールズ・ブロンソン主演『狼よさらば』のリメイクが遂に公開!イーライ・ロス監督『デス・ウィッシュ(原題:DEATH WISH)』

 

映画ウサギの穴の暗い秘密、ケヴィン・フィリップス監督『スーパー・ダーク・タイムズ(原題:Super Dark Times)』

 

ホラー映画愛と献身と犠牲、ダーレン・アロノフスキー監督『マザー!(原題:MOTHER!)』のティザー映像が公開!

 

ホラー映画アメリカ先住民族に伝わる邪悪な存在、クリスチャン・ラーセンとブロック・マンウェルの共同監督による『ロア(原題:LORE)』

 

ホラー映画A・ムスキエティ監督「イット(原題:IT)」の最新最恐予告編映像が公開!

 

海外ドラマシリーズ“AHS”シーズン7が遂に到来、『アメリカン・ホラー・ストーリー:カルト(原題:AMERICAN HORROR STORY: CULT)』の全貌とは?

 

ホラー映画銀行の地下金庫に潜む恐怖、ダン・ブッシュ監督『ザ・ヴォルト(原題:The Vault)』

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro