ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

ジャッキー・チェン主演最新作、爆弾テロで娘を失った男の復讐劇『ザ・フォーリナー(原題:THE FOREIGNER)』

「あなたの中でアクションスターと言えば誰ですか?」という質問をどこかの街角で受けたとしよう。

 

ぼくはまったく間を置かずに、あるいは半ば食い気味に、こう答えるだろう。

 

ジャッキー・チェンでしょ!」

 

 

まあそんな質問を受ける日が来るかどうかは定かではないが、来るべきその日に備えて、日頃から質問に対する答えを反復するのが日課であることは言うまでもない。

 

そんなジャッキー・チェン(Jackie Chan、成龍)も今年(2017年)でなんと63歳になるが、まだまだ現役バリバリのアクションスターっぷりを見せている。

 

というわけで今回は、ジャッキー・チェン主演最新作の話題を取り上げてみたい。

 

マーティン・キャンベル(Martin Campbell)監督による『ザ・フォーリナー(原題:The Foreigner)』である。

 

 

本作品は英国の作家ステファン・リーザー(Stephen Leather)の『チャイナマン』(The Chinaman)という小説を原作としており、物語はIRAの爆弾テロで娘を失った退役軍人の主人公クワンの復讐劇となっている。

 

The Three Mike Cramer Novels: The Chinaman, The Long Shot, The Double Tap (English Edition)

The Three Mike Cramer Novels: The Chinaman, The Long Shot, The Double Tap (English Edition)

 
チャイナマン (新潮文庫)

チャイナマン (新潮文庫)

 

 

共演は5代目ジェームズ・ボンドとしても知られるピアース・ブロスナン(Pierce Brendan Brosnan)、役柄としては事件のカギを握る大物政治家を演じているようである。

 

 

というわけで、本作品の予告編が公開されているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。米国での公開は2017年10月13日が予定されている。

 

 

 

 

 

SF映画新作『ザ・プレデター』には、ゲイリー・ビジーの息子ジェイク・ビジーが出演している!

 

ドキュメンタリー映画ネズミをテーマにしたホラー映画ばりに恐ろしいドキュメンタリー、モーガン・スパーロック監督『ラッツ(原題:RATS)』

 

ホラー映画名も無き太古の森の超常性に捕らわれた男、ロルカン・フィネガン監督『ウィザウト・ネーム(原題:WITHOUT NAME)』

 

ホラー映画湖に潜む魚人間の恐怖、アダム・ギアーラスチ監督『ハウス・バイ・ザ・レイク(原題:HOUSE BY THE LAKE)』

 

短編映画ネズミがうるさくて眠れないよ!ダイ・アントワードのヨ=ランディ・ヴィッサー監督短編作品『トミー・キャント・スリープ(原題:TOMMY CANT SLEEP)』

 

海外ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』第7シーズンの予告編第2弾&新ポスター・ヴィジュアルが公開、遂に冬は来た!

 

SF映画N・ブロムカンプ監督のオーツ・スタジオが放つ第2弾『クッキング・ウィズ・ビル - ダマス 950(原題:COOKING WITH BILL - DAMASU 950)』公開!

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro