ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

スラッシャー映画とゾンビ映画の複合型ホラー・コメディ、ブレット・デジャガー監督『ボーンジャングルス(原題:BONEJANGLES)』

ホラー映画の細分化ジャンルではどんなものが好みかと聞かれたら、ぼくは一体なんだろうなあと、ふと考える。

 

吸血鬼愛好家としてはやはりヴァンパイア映画あたりが有力かもしれないが、純ロメロ系の流れを汲むゾンビ映画も好きだし、アイコニックなマスク系スラッシャーも好きである。さらにはラヴクラフトの系譜を引っ張り込んだコズミックでクトゥルフなものも好きだし、ファウンド・フッテージ的オカルトものも好きである。

 

「一番好きな映画はなに?」という愚問同様、好みなんてものは作品の数だけ存在するという答えがぼんやりと頭に浮かび、血を吐いて気絶したことは言うまでもない。

 

昨今では、かつてのゴシックなホラー映画や、ホラー映画最盛期の70年代から80年代にかけての名作に比べると、ややギミックに過ぎるものが多く見られるし、過去の純然たる細分化ジャンルの複合的なものもまた非常に溢れている。

 

その為、ここ数年の間に観たいわゆるメジャーラインの長編ホラー映画で衝撃的に素晴らしかったものはと言われると、ほとんど思い浮かばない。ただ当ウェブログでもよく取り上げるが、短編だとかインディーズだとか、大々的に劇場公開はされないあまりメジャーラインではない作品の中には、案外キラリと光るものが見られるような気がする。

 

というわけで今回は、インディーズ・ホラー作品であり、細分化ジャンル複合型のややコメディなホラー作品をご紹介したい。

 

『ザ・レジェンド・オブ・クーリー・ムーン(原題:The Legend of Cooley Moon)』のブレット・デジャガー(Brett DeJager)監督による『ボーンジャングルス(原題:Bonejangles)』である。

 

 

ポスターからしてなかなかそそられるでしょ。

 

本作品は、「ボーンジャングルス」という名の連続殺人犯を収容所に輸送中の警察官グループが、とある呪われた街で足止めを食らう、という物語のようである。呪われた街とはなんぞやという問題だが、墓から死者が蘇ってしまった街だということで、もうおわかりのように、スラッシャー映画とゾンビ映画の複合型ホラーであり、さらにはコメディ・タッチのようである。

 

ちなみにボーンジャングルスは、以下のようなマスク系の連続殺人鬼。

 

 

 

そして本作品には、ドン・コスカレリ(Don Coscarelli)監督による『ファンタズム』(Phantasm)シリーズでお馴染みのレジー・バニスター(Reggie Bannister)が出演している。

 

Phantasm: Ravager

Phantasm: Ravager

 

 

写真は左がデジャガー監督で、右がレジー・バニスターである。監督はジョン・カーペンター(John Howard Carpenter)監督の『ハロウィン』(Halloween)Tシャツ着用だし、背後にもマイケル・マイヤーズが・・・、なかなかアツい写真である。

 

 

 他にも、エリッサ・ダウリング(Elissa Dowling)。

 

 

ケリー・ミセク・ジュニア(Kelly Misek Jr.)、写真はダグ・ジョーンズと一緒だね。

 

 

デヴィン・トフト(Devin Toft) 。

 

 

Devin Toftさん(@dtoft)がシェアした投稿 -

 

 ジェイミー・スコット・ゴードン(Jamie Scott Gordon)などが出演している。

 

 

また本作品に関しては、『フライトナイト』(Fright Night)や『チャイルド・プレイ』(Child's Play)で知られる米国マスター・オブ・ホラーのひとりトム・ホランド(Tom Holland)監督にも注目されているようである。

 

 

というわけで、本作品の予告編が公開されているので、興味のある方はぜひご覧いただきたい。古き良きホラー映画な趣を持つ第1弾予告編と、最新予告編の2本を取り上げておく。

 

本作品は2017年7月18日にビデオ・オン・デマンドにて公開とのこと。

 

 

 

 

 

Phantasm: Remaster [Blu-ray/DVD Combo]
 
Phantasm: Ravager

Phantasm: Ravager

 

 

ホラー映画無限ループする1日の中で殺され続けるスラッシャー・ホラー、クリストファー・ランドン監督『ハッピー・デス・デイ(原題:Happy Death Day)』 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

アニメーション砂浜に眠るお宝とハルマゲドン、ショルト・クロウ監督の短編アニメーション『マーティン(原題:MARTIN)』 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

コスプレ『ハウルの動く城』実写版!?イタリアの衣装デザイナーによるハウルとソフィーのコスプレが美しい!

 

ホラー映画アンディ・ムスキエティ監督『イット』で“ルーザーズ・クラブ”のメンバーを演じている出演者をまとめてみる。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

SF映画ニール・ブロムカンプ監督のSF短編作品『ラッカ(原題:RAKKA)』本編が遂に公開! - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

 

ホラー映画聴覚障害者たちを主人公としたゾンビ映画、ロブ・サベッジ監督『ドーン・オブ・ザ・デフ(原題:DAWN OF THE DEAF)』

 

ホラー映画邪悪な子供を宿した女性の恐怖を描く悪魔ホラー、ビレイ・ダルキラン監督『ザ・クロスブリード(原題:THE CROSSBREED)』

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro