ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

実話を元にした恐怖の物語『THE WATCHER』、迫り来る“ペスト医師”的カラス男の正体とは?

かつて世界各地で猛威を奮った“ペスト”(Pest、plague)という伝染病がある。

 

このペストは元々は齧歯類(クマネズミなど)に流行する病気で、人間よりも先にまずはネズミなどの間に流行が見られるという。そして、ペストに感染したネズミの血液を吸ったノミを媒介して人間に感染したり、あるいは人間の感染者の血痰などに含まれる菌を吸い込んだりすることで感染が広がってゆく。人間や齧歯類以外にも、猿、兎、猫などに感染するということである。またかつては高い致死性を持っていたこと、そして罹患すると皮膚が黒くなることから、黒死病(Schwarzer Tod、Black Death)と呼ばれ恐れられていた。特に14世紀に大流行を見せたペストでは、世界人口を約1億万人減少させたと言われている。

 

黒死病―ペストの中世史 (INSIDE HISTORIES)

黒死病―ペストの中世史 (INSIDE HISTORIES)

 
疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1)

疫病と世界史 上 (中公文庫 マ 10-1)

 

 

このペスト大流行の最中、“ペスト医者”(plague doctor)なる特殊な要員が存在したことは、あるいはご存じの方も多いかもしれない。

 

イタリア語ではメディコ・デッラ・ペステ (medico della peste)とも呼ばれるが、このペスト医師とは読んで字の如く、ペスト患者を専門的に治療した医師たちのことで、ペストが蔓延した時代に特別に雇用された人々のことを指す。ただそのほとんどは、ペスト医師とは名ばかりの二流医師や駆け出しの医師であり、中にはまったく素人同然の者たちもいたと言われている。

 

そして今回取り上げる話題に繋がるのは、このペスト医師たちの特殊な出で立ちの話である。

 

彼らは、17世紀および18世紀における瘴気論を元に、感染源とみなされていた悪性の空気から自分たちの身を守るため、大量のハーブや香辛料を詰めた鳥の嘴状のマスク(ペストマスク)を装着していた。さらには、可能な限り肌を露出させないように、表面に蝋を引いた重布か革製のガウンで全身を纏い、つば広帽子を被り、手には木の杖を持つというのがその典型的な姿であった。

 

plague doctor

image source : By I. Columbina, ad vivum delineavit. Paulus Fürst Excud〈i〉t. [Public domain], via Wikimedia Commons

 

この出で立ちは、1619年にシャルル・ド・ロルム(Charles de Lorme)という医師が考案した一種の防護服で、はじめはパリで用いられていたが、その後ヨーロッパ全土に広がったと言われている。また前述のペストマスクの目の部分には赤い接眼レンズをはめこむこともあったそうだが、これは悪霊を払うためだったという。そして携帯する木の杖はと言えば、患者に触れることなく診察するための道具でもあったのだが、こうした一連の出で立ちの意味としては単に身を守ることだけではなく、彼らがペスト医者だと誰が見てもすぐに分かるようにするためでもあったそうである。

 

  

しかしこの出で立ち、見様によっては実に異端的な邪悪性を帯びたものであり、ペストの治療ではなく反対に彼らがペストを蔓延させているかのようにも感じるのは、ぼくだけではないだろうと思う。その為この不気味な鳥人間的ヴィジュアルは様々なホラー的要素として派生しており、現在でもこの姿が別な形で生き続けている。

 

というわけで、今回はこの鳥人間的なペスト医師のヴィジュアルを大いに取り入れたホラー作品を取り上げてみたい。

 

ライアン・ロスメーアー(Ryan Rothmaier)監督による『The Watcher』(ザ・ウォッチャー)という作品である。

 

The Watcher

image source : FILMS — RYAN ROTHMAIER

 

簡単なあらすじとしては、とある夫婦が購入した家には、恐ろしい秘密が隠されていた、というものらしい。さらには、どうやら実話を元にした作品らしいのだが・・・。

 

そして前述の通り、本作品にはペスト医師の如き姿をした謎の存在が登場している。コンセプトアートとして描かれているその姿が以下のものである。

 

The Watcher

image source : FILMS — RYAN ROTHMAIER

 

どうやらこのヴィジュアルは、鳥の中でもカラス(Raven)に特化したものだということがわかる。そしてコンセプトアートを元にCostume Co-Opによって制作された衣装が以下のものである。ちなみにマスクは別途制作されているらしい。

 

The Watcher

image source : http://costumeco-op.com/portfolio-posts/the-watcher/

 

さて、本作品に関してはすでにTVでのプレミア放送が行われており、またNETFLIXなどのビデオ・オン・デマンドでも視聴可能なようである。またDVDとしてソフト化もされている。DVDのジャケットには例のペスト医師的防護服を纏った何者かの姿も。

 

The Watcher

image source : Amazon.com: The Watcher

 

そんなわけで、もし興味のある方は、最後に本作品の予告編をぜひご覧いただきたい、2種類あるよ!

 

 

 

 

 

映画本当はコワい人魚伝説ドラマシリーズ『SIREN』、アリエルでもポニョでもなく“リン”という名のヒロインだよ。

映画“キングスマン”本部壊滅!?『キングスマン: ザ・ゴールデン・サークル』のティザー映像が解禁!

映画『エルム街の悪夢』フレディ役でお馴染みのロバート・イングランド最新出演作、恐怖のアパートメントホラー『NIGHTWORLD』。

映画ペニーワイズを超える恐怖のロナルド、『イット - マクドナルド・エディション』の予告編公開。

映画遂に『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の公式ティザー映像が解禁!それにしても“最後のジェダイ”って誰やねん?

海外TVドラマ『ツイン・ピークス』の登場人物を落書きしてみよう、今日は試しにFBI特別捜査官デイル・クーパー。

映画毎晩『八月の鯨』を観ながらワインを飲み、変えられない過去を無駄に悔いる偽シェイクスピア日記。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro