読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

『ツイン・ピークス』の登場人物を落書きしてみよう、今日は試しにFBI特別捜査官デイル・クーパー。

はてなブログには“絵を描く”機能というものが付いていて、ぼくは時々日記を書くときなどに使っているのだけれど、けっこう不具合があって、スポイト使った後に色が選べなくなったり、筆の太さがなかなか変更されなかったり、ちょっと使いにくい。さらにタブレットなど持っていないぼくはマウスで描いているので、難易度がさらに増し増しになってくる。でも時々そうやって落書きをする。

 

きょうは気分が乗らなくて文章を書くのがしんどいので、でもまあ1日いっこくらい何か書かないとなあと決めているので、あっ、『ツイン・ピークス』の登場人物をこの機能ですべて描いてゆこうかなあと、くだらないことを考えて試しに描いてみた。

 

今回は試験的になので、まあ、FBI特別捜査官デイル・クーパーの例のホテルの部屋バージョン。

 

彼のフルネームはデイル・バーソロミュー・クーパーで、生年月日は1954年4月19日。アメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィア出身、職業はもちろんFBI特別捜査官、みたいな感じで紹介文をちょっと付ければ、“ガラクタ”データベースになるでしょ、たぶん、まあそれはどうでもいいけれど。

 

デイル・バーソロミュー・クーパー

 

寄るとこんな感じかな、ほぼ似ていない。それが落書きだから、いいのさ。マウスで絵を描くのは難しいけれど、でもけっこう楽しいのだよね。

 

デイル・バーソロミュー・クーパー

 

というわけで、気が向けば続くかもしれないし、続いたらすべての登場人物を描けるかも知れない。継続は力なりという言葉があるし、確かにそうだなあとも思うけれど、ただ継続ばかりが力ではないし、気の向かない継続は大いに嫌いである。

 

次回は誰を描こうかなあ、続けばね。

 

 

 

ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)

ツイン・ピークス クーパーは語る (扶桑社ミステリー)

 

 

映画毎晩『八月の鯨』を観ながらワインを飲み、変えられない過去を無駄に悔いる偽シェイクスピア日記。

映画狼男は好きですか?“狼憑き”の歴史から最新インディー狼男映画『BONEHILL ROAD』まで。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画スティーヴン・キング原作『ミスト』TVシリーズの予告編解禁!霧の中には大抵何かが潜んでいる。

映画恐怖の祭典“モンスターパルーザ”会場にて、世界最恐の3人が目撃される。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画『ゲーム・オブ・スローンズ』が遂にシーズン7に突入、HBOのプロモーション映像に垣間見るその新たなる衣装デザイン。

映画ニュージーランド最大最恐のお化け屋敷を描いたドキュメンタリー映画『SPOOKERS』、そこにあるのは単なる恐怖だけではないのだ。

映画暗黒卿ダース・ベイダーに焦点を当てたスピンオフ作品、『VADER: A STAR WARS STORY』のファンメイド予告編。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro