ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

かつて小泉八雲が自らの感覚で日本を歩きまわって見聞を広めたように、故郷を離れて旅を続けるぼくが、ぼくの感覚でその土地を歩き回って、見たり聞いたり嗅いだり触ったりした、ぼくの見聞録です。

follow us in feedly

明
明

毎晩『八月の鯨』を観ながらワインを飲み、変えられない過去を無駄に悔いる偽シェイクスピア日記。

「変えられない過去を悔いても意味がない」とシェイクスピアは言ったそうだ。

 

ストレイン』の中でエイブラハム・セトラキアンがそう言っていた。

 

確かに過去は変えられないだろうけれど、どうなるのかわからない未来だって変えられないし、過去でも未来でもない今この刹那だって、たぶん変えられない。結局全部変えられないのだから、すべてにおいて悔やんでも意味がないのだ。

 

でも人間というものは、生まれてからずっと意味がないことばかりし続けて、そして死んでゆく。

 

例えばぼくが地球の海の水を減らそうと思って、毎日毎日、海からコップ一杯の水を汲んできてトイレに流していたとしよう。それをたまたま知った通りすがりの紳士に、「きみ、海の水を減らそうと思って、毎日毎日、海からコップ一杯の水を汲んできてトイレに流しても意味がないよ。」と言われれば、「嗚呼、なるほどそうか。」と思ってその行為を簡単にやめることが出来るかもしれないけれど、もし同じ紳士に、「きみ、悔やんでも意味がないよ」と言われても、そう簡単にはやめることは出来ないような気がする。

 

そしてやはり、毎日毎日、過去や現在や未来を悔いて、気分が暗くなる。

 

そんな時は必ず、夕飯に好きなものを作って、安いガラクタみたいな赤ワインを飲みながら、リンゼイ・アンダーソンの『八月の鯨』を観ることにしている。

 

リリアン・ギッシュが演じるサラとベティ・デイヴィスが演じるリビー、小さな島で暮らす老姉妹の、なんてことのない、ある夏の日々を綴っただけの物語である。

 

ぼくはこの映画が大好きで、もう何度観たことか知れないが、何回観ても何十回観ても、いつだって素晴らしい映画のままなのだ。

 

「ビジィビジィビジィ、オールウェイズビジィ」とリビーが言う度に、なんだか楽しくなって台詞を真似してみる。

 

ヴィンセント・プライスが演じるマラノフさんが家にやってくる食事のシーンでは、なんだか一緒に食事をしているような気分になる。

 

80歳とか90歳とか、そんな年老いるまで生きたいとは思わない。だってきっとぼくはその間中ずっと悔い続けていくだろうから。せいぜい50歳くらいで十分だと正直そう思っている。でも『八月の鯨』を観ている時だけは、あんなふうな小さな島に住んで、庭の手入れをしたり部屋の掃除をしたりスコーンを焼いたりしながら、夏にやって来る鯨を待ちながら、海風に吹かれるような暮らしなら、80でも90でも100でもいいだろうなあと思って、少し幸せな気持ちになる。

 

今日もなんだかくだらない些細なことで、変えられない過去を悔い、霞んで見えないまだ来ぬ未来を悔い、そんなことを繰り返している今のこの現在を悔いている。

 

だから今日もまた、『八月の鯨』を観ながらワインを飲んで、その一時だけでも悔いるのを忘れようじゃないか。 

 

f:id:geppakumujina:20170413181104p:plain

 

 

 

八月の鯨 [DVD]

八月の鯨 [DVD]

 
八月の鯨 (英和対訳 映画文庫)

八月の鯨 (英和対訳 映画文庫)

 

 

映画狼男は好きですか?“狼憑き”の歴史から最新インディー狼男映画『BONEHILL ROAD』まで。

映画スティーヴン・キング原作『ミスト』TVシリーズの予告編解禁!霧の中には大抵何かが潜んでいる。

映画恐怖の祭典“モンスターパルーザ”会場にて、世界最恐の3人が目撃される。 - ぼくと、むじなと、ラフカディオ。

映画『ゲーム・オブ・スローンズ』が遂にシーズン7に突入、HBOのプロモーション映像に垣間見るその新たなる衣装デザイン。

映画ニュージーランド最大最恐のお化け屋敷を描いたドキュメンタリー映画『SPOOKERS』、そこにあるのは単なる恐怖だけではないのだ。

映画暗黒卿ダース・ベイダーに焦点を当てたスピンオフ作品、『VADER: A STAR WARS STORY』のファンメイド予告編。

映画サンダンス映画祭で注目を浴びた短編CGアニメーション『BLACK HOLES』、S.キューブリックのあの名作にも関係あり。

 

月白貉 - Mujina Tsukishiro